ANDPAD CUP中間レポートVol.2 / 〜後編〜ANDPAD CUPで新たな受入検査にチャレンジ / さらなる顧客満足向上のために品質・安全を極める

  • 注文住宅
  • 戸建て
  • 新築
  • 注文
  • 規格
  • リフォーム
  • ANDPAD検査
  • ANDPAD
  • ANDPAD CUP
  • 安全
  • 品質

堀将徳氏
株式会社HORI建築・常務取締役。建築系専門学校を卒業後、石川県金沢市にある工務店で1年間木造住宅の基本を学び、2009年に同社に入社。現場見習いから経験を積み、パートナーとの関わりと大事にしながら「仲間とつくる現場」づくりに愚直に取り組む。

吉田和世氏
ホテル、スポーツクラブ勤務等を経て、2016年に中途入社。住宅業界未経験ながら、工務課品質管理係として検査業務をはじめ、「現場スタンダード」の取り組みの事前準備や確認申請などのほか、業者との研修会HORI建築“未来塾”の準備など業務内容は多岐に渡る。

片岡葉月氏
高校卒業後、工場勤務、歯科助手を経験。転職を検討していた際に同社の求人を見つけ、住宅業界未経験ながらも祖父が大工で馴染みのある分野だったことから、2019年中途入社。工務課品質管理係に配属され、検査業務をはじめ、さまざまな業務に携わる。

DXの実現には、各社それぞれが描く未来像に応じた業務プロセスの変革と、それに呼応したANDPADの運用構築が必要です。そのためにまずは、社内外のANDPAD を利用するユーザーに目的に応じた利用が正しく浸透することが必要不可欠になります。そこで、ANDPADでは、お客様のDX実現のために「ANDPAD CUP」というサポートプログラムをつくりました。

今回は、本プログラムを共催している株式会社HORI建築の事例をご紹介。京都府・福知山市で、「木の家専門店」として自然素材にこだわった健康増進住宅に本気で取り組んでいる同社は、「仲間とつくる現場」を強みとし、「HORIスタンダード」という現場美観への取り組みが高く評価され、住宅産業塾主催の「魅せる現場コンテスト」で3年連続総合最優秀賞を受賞して殿堂入りを果たすなど、業界をリードし続けている存在です。施工管理、検査、受発注と、ANDPADを活用して生産性向上を図るなかで、さらなる品質と安全の向上による顧客満足度アップを目指し、「ANDPAD CUP」を共催することになりました。今回は、同企画を推進している常務取締役・堀将徳氏、工務課品質管理係・吉田和世氏と片岡葉月氏の3名にインタビューを実施。後編では、取組みによってもたらされた変化や、中間報告を終えて感じている手応えと今後の意気込みについて伺いました。

取り組みをスタートさせたことによる変化

――「ANDPAD CUP」スタート後、品質管理係の業務に変化はございましたか。棟梁、大工、職人の方々で生じた変化などあれば教えてください。

堀氏: 検査すべきところだけ際立って検査ができるので、業者様が自主検査をしていない現場の品質と比べると、品質が上がっている実感があります。また、業者様もご自身で受入検査を実施することによって当事者意識が生まれ、より責任感をもってやるという副次的な効果も出ているようです。元々多くはありませんでしたが、ANDPADを導入してから大きなミスはグッと減り、品質が上がっていることを実感しています。この「ANDPAD CUP」でトライしている業者様による受入検査の取り組みを通して、現場の業者様の当事者意識が高まることで現場品質がさらに上がっていく感覚が得られたらと考えています。

吉田氏: 最近では業者間でのチャットが盛り上がってきたので、今後も増えていったらいいなと思います。ただ、職人が報告やチャットで写真を送ってくださった時に、すぐに返信する余裕がなく、反応が遅れてしまうことも。こちらが既読だけつけて反応してないという「既読スルー」の状態に映ってしまいますし、せっかく前向きに取り組んでくださっている職人の方々にも申し訳ない。返す時間がない時でもすぐに反応ができるように、ANDPADチャットにスタンプ機能があると、そうしたコミュニケーション上の不安が解消すると思います。
また、自分の業務としては、現場に行く回数が減ってきているのを感じています。状況がわかるのでこのくらいの時間に行けばいいというのがわかるので、行く日は同じでも時間帯を調整できるようになりました。

片岡氏: 全現場150枚以上は写真が上がるようにはなってきました。今まで写真を上げていなかった方も上げてくださる方も増えて、約9割の業者様がANDPAD[検査]を利用してくださっています。しかし、日頃から未来塾や説明会にご参加いただいていて、われわれの目的や想いを共有できている業者様からのご協力は得られていますが、そうでない業者様はなかなかそこが伝わりきらない部分も。まだ検査アプリを入れていない方もいらっしゃるので、今後も引き続き推進していきたいです。

今後の取り組みについて

――「ANDPAD CUP」は残り約2ヶ月という折返し地点ですが、皆様の意気込みを一言ずつ頂戴できますでしょうか。

吉田氏: 今までANDPADを使っていなかった業者様にも使っていただけるように声がけをして伴走している最中です。やり続ければきっと反応があると思うので、これからも頑張っていこうと思います。

片岡氏: 実は、施策開始からしばらく諸事情で現場の状況は吉田に任せきりだったので、電話やチャットでのフォロー等、できることからやっていきたいです。積極的に協力してくださる業者様が使い方のわからない業者様にレクチャーしていただいたりと、業者同士でコミュニケーションが活発になるように働きかけていけたら。

堀氏: 社内も業務量が多く大変な時期ですが、この取り組みがうまくいけば必ず会社にとってプラスになりますし、お客様満足にも直結していくと信じています。これから1〜2週間が勝負なので当社の本気度を改めて業者様に伝えて、この取り組みをきっかけに今期の目標を達成して、次の目標へとステップアップしていきたいですね。

ANDPAD CUP中間報告はオンラインで実施。6月からの2ヶ月間の進捗共有や、お客様からの声などの共有を行なった。

――最後に、本記事を読んで「ANDPAD CUP」に興味を持ったANDPADユーザーに向けて、開催に向けてのコツやポイント等コメントをお願いいたします。

堀氏: 当社は「会社全体でひとつになってやるからこそ意味がある」という社風なので、この取り組みについても同じ。そのためには、一部の人間だけではなく、目標を掲げてみんなで目指していくのが必要になります。この点では、今抱えている品質面での課題をANDPAD CUPにのせて実現できる貴重な期間だと思っているので、ぜひ他社様もチャレンジしてみてほしいですね。

常務取締役・堀将徳氏

ANDPAD CUPの中間レポートに寄せて

株式会社アンドパッド 平賀豊麻: 4月の取材の際に堀様が「職人をデジタルでもっと評価できるようにしていきたい」という想いに応えたくまだプロトタイプ段階のANDPAD CUPをご提案したのをとても良く覚えています。その後品質受入検査の実施徹底を目標に掲げ、[ANDPAD検査]を用いた形でHORI建築様と進めておりますが、今回の中間報告会でお伺いできた、「検査アプリはインストールしているが利用ができていない」ユーザーグループの存在に対しては、当社としてとても大きい気付きを得ることができました。

キックオフの段階で説明会に参加できない方や、参加したけれどもその場で理解ができなかった方のために、自習用の検査の操作方法動画を担当カスタマーサクセスの芳賀と作成し、HORI建築様に納品させていただいておりました。しかし実はそれだけではすべてのユーザーが自走できるようになるわけではなく、例えばスマートデバイスを一つしかお持ちでなく、動画を見ながら同時に画面を操作するということが難しい方。あるいは動画で見たことをその後現場で操作し再現するということにハードルがある方に向けては、サポートが十分ではなかったのです。「実施したいけれどもできない」というのはとてももったいなく、なんとか後押しできないかという思いから、報告会の後早速当社で現場掲示用のポスターをご用意いたしました。

こちらについてはHORI建築様と同様に受入検査を[ANDPAD検査]でチャレンジしていきたいと思ってくださっているユーザー様にご利用いただけるよう、ダウンロードリンクをご用意いたしました。
ぜひ記事の文末からダウンロードしていただき、活用いただければ幸いです。

受入検査の実施を依頼する現場掲示用のポスターはこちらからダウンロードいただけます!

パワーポイント資料

画像資料1

画像資料2

株式会社アンドパッド 芳賀彩乃: ANDPAD CUP開催に向けてのお打合せでは、HORI建築の皆様と共に「開催の目的、背景、意義の言語化」について何度もお話し合いをさせて頂きました。その結果、“やり方“だけではなく”やる意味“がしっかりと定まった状態でキックオフを迎えられたと思っております。

私は当日オンラインで参加をさせて頂きましたが、キックオフの中で堀常務からANDPAD CUPについてお話を頂く場面では、”やる意味“について熱くお話を頂くことで、その場の温度がわっと上がり、前向きな姿勢で聞いていただける方が多かったのかなと思っております。そうした会自体の空気作りの重要性を感じることができました。

現在は定期的に利用状況をご報告させていただきながら、活用促進に向けてご支援させて頂いております。今回の取材を経て「実際に現場でいい変化が起き始めている」というお言葉を頂けたので、引き続きカスタマーサクセスとして活用促進のご支援させて頂きます。

平賀豊麻

株式会社アンドパッド 社長室 コミュニティマネージャー 兼ANDPAD ONE Director

2018年5月に株式会社アンドパッドに入社。

アンドパッドのインサイドセールスの一人目として、インサイドセールス組織の立ち上げを行う。

2019年12月より社長室コミュニティマネージャーに、2020年12月からはコミュニティメディア「ANDPAD ONE」のディレクターを兼任。

約26万人のANDPADユーザーのCXの向上を目的としたコミュニティ形成をミッションとする。ANDPAD CUP企画推進者。

 

芳賀彩乃

株式会社アンドパッド 第一事業本部 第一事業部 カスタマーサクセスチーム リーダー

大学卒業後、分譲住宅会社の注文住宅部門にて住宅営業を経験。

2020年3月にANDPADに入社し、今までに100社以上の企業様の導入・運用支援を担当。

西日本エリアを中心に幅広い工務店様・戸建て事業会社様の運用サポートをさせて頂いています。

株式会社HORI建築
https://www.hori-aa.co.jp/

〒620-0808
京都府福知山市字土1117-122
代表取締役 堀昌彦
創業:1985年12月

取材・編集:平賀豊麻
ライター:金井さとこ
デザイン:佐藤茜