〜後編〜ANDPADが描く リフォーム経営のDX リフォームのリーディングカンパニーが語る ANDPADの価値

  • リフォーム
  • 水回りリフォーム
  • 増改築リフォーム
  • リノベーション
  • CONFERENCE2021

株式会社CONYJAPAN
総合企画部長
綿 毅氏

1970年生まれ 2004年株式会社スペースアップ(現㈱CONYJAPAN)にリフォームアドバイザーとして入社。2009年に販売戦略課課長として本部に異動。2016年EOS型の基幹システム変更を決意し、システムの検討を重ねて、2018年8月にANDPADを採用。28店舗の販売管理から勘定奉行との連携などANDPADを中心にした営業管理体制を推進。現在はANDPADを使ったKPI管理、CRM連携、生産管理、品質管理を行い、社内の生産性アップに従事している。

株式会社 ハウジング重兵衛
常務取締役
菅谷 龍也氏

1986年生まれ。2006年地元千葉県のパワービルダーでビル・工場・マンションの現場監督として働く。2009年ハウジング重兵衛へ現場監督として入社。2013年茨城県エリア新店舗店長、2016年千葉県エリア新店舗店長、2017年リフォーム部部長を経て、2020年より常務取締役に就任。2021年には千葉県柏店・東金店のOPENを予定。
日本一の顧客満足度のリフォーム会社であるべく日々お客様に向き合っている。

株式会社 ハウジング重兵衛
工事部 部長/監督
福地 俊之介氏

1984年生まれ。建築士として公共施設の建築などに多数携わった後にハウジング重兵衛に入社。部長職として社内外の様々な現場調整やANDPADをはじめとした各種システムの構築にも携わる。

2020年1月27日に行われたANDPAD ONE CONFERENCE。
ONE編集部では当日のイベントレポートとしてANDPAD ONE CONFERENCEの各セッションの模様をお届けいたします。

「ANDPADが描く リフォーム経営のDX~リフォームのリーディングカンパニーが語る ANDPADの価値~」と題した当セッションでは、ANDPAD引合粗利管理を実際にご利用いただいているリフォーム業界を牽引する2社にお話を伺った。

前編では、ANDPADの「ANDPAD引合粗利管理」を利用する2社が基幹システムと現場システムの一元化を通じて自社にもたらされた変化について、そしてANDPADの新サービスへの期待をお話しいただきました。
<前編はコチラ>

今回後編では、引き続き株式会社CONY JAPAN・総合企画部 部長 綿毅氏と、株式会社ハウジング重兵衛・常務取締役 菅谷龍也氏、工事部部長 福地俊之介氏にご参加いただき、真のDXに向けてANDPADに期待することについてディスカッションを行い、リフォーム経営のDXについて考察した。

真のDXに向けてANDPADに期待すること

矢野: ここまでは機能や連携について話していただきましたが、全体を通してANDPADに期待していることを教えていただけますか。

左から弊社堀井、矢野 

菅谷氏: 商社やメーカーなど複層ピラミッド型の組織にも使いやすく機能を充実させてほしいです。1回の発注書に記載されている納品日がバラバラなので、現状は電話やチャットでのフォローをしているのですが、納品が変更になった際に確実に相手がわかるように管理できると助かります。
また、取引先の商社によく言われるのは、担当者が拠点異動した場合に、入力者に紐づけられて納品ミスが起こることもあるので、ぜひ改善していただきたいです。

株式会社 ハウジング重兵衛 常務取締役 菅谷 龍也氏

矢野: なるほど。では、お施主様とのコミュニケーション面ではいかがでしょうか。

綿氏: お客様が今までどんな工事をやってきたか、いつ保証が切れるのか、工事中にいくら支払いをしていて、今後いつ支払いが生じるかなどの情報を見られるといいですね。引渡し後も継続的に見られる場所をつくってOB管理ができたら。

堀井: 履歴管理は重要ですね。では、社内での運用に関しては、ANDPADがこうなってほしいというご要望はありますか。

福地氏: 経営ダッシュボード機能を使っていますが、それぞれの会社によってルールがあったり、別のツールを使用したりしていることがあると思うので、柔軟にカスタマイズできるシステムになるといいですね。日々見たい数字や情報を、誰が見ても最新の情報になっている状態になっていると嬉しいです。さらに行動管理に結び付けられたら、評価制度なども含め一元管理できるかもしれません。
業者管理も、リストの項目を細かく設定できると助かりますし、業者のランク付けができると発注しやすくなるかもしれません。

堀井: 職人さんの評価制度については、職人のキャリアアップの動きが出てきている中で、ゆくゆくは着手したいテーマでもありますね。
多岐にわたるご意見をいただきありがとうございました。非常に具体的なエピソードとともにお話しいただいたので、ANDPADの現在地と今後の方向性についてご理解いただけたと思います。

リフォーム業界に向けたアンドパッドからの今後の取り組みについてお知らせ

矢野: 今後は「リフォーム業界のANDPADご利用企業様限定分科会」を開催していく予定です。
「ANDPADにこれをつくってもらうべきだ」というご意見を上げてもらう場にしたいと考えていまして、普段経営層は横のつながりがあるが、経理や営業などの職種も繋げていくことで、新しい発想が生まれるのではと期待しています。

綿氏: ぜひ学びたいですね。成功している会社さんの話も聞きたいです。

菅谷氏: まだまだANDPADを使いこなせていない部分があるので、他社の事例などから学びたいですね。

堀井: 分科会は持ち込み企画も歓迎です。われわれは業界全体を盛り上げていきたいと考えているので、みなさんと一緒につくっていけたら。第1回は「営業管理」をテーマに、経営者、キャッシュフロー、入出金について議論し、ダッシュボードをつくって意見交換する予定です。
ぜひ、たくさんの方のご参加をお待ちしております。

本セッションでご案内した新サービスのご案内

CONY JAPAN様、ハウジング重兵衛様がご活用されております、「ANDPAD引合粗利」について
詳しいご案内をご希望される方はコチラからお問い合わせいただけます。



https://lp.andpad.jp/erp_inquiry_form/

社名:株式会社CONY JAPAN
創業:1970年4月1日
代表者:代表取締役 小西 正行
本社所在地:〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町4-7-5 本町ハイエストビル
HP:https://conyjapan.co.jp/

社名:株式会社ハウジング重兵衛
創業:1899年
代表者:代表取締役 菅谷重貴
本社所在地:〒286-0021 千葉県成田市土屋386-4
HP:https://jube.co.jp/

インタビュアー:株式会社アンドパッド 専務取締役 堀井浩平
株式会社アンドパッド SaaS戦略本部 ビジネスソリューション部 マネージャー 矢野利行
ライター:金井さとこ
編集:平賀豊麻