文字サイズ

施工管理とは? 仕事内容や資格を解説

施工管理とは

施工管理は、建設プロジェクトにおいて工事が計画通りに進行し、品質や安全基準が遵守されるようにするための管理活動のことです。具体的には、建設現場での作業の監督や調整、品質管理、コスト管理、工程管理、安全管理、チーム管理、環境管理などを含みます。

施工管理の仕事内容

施工管理の仕事内容は多岐にわたり、建設プロジェクトが計画通りに進行し、品質や安全基準が遵守されるようにするための管理活動です。以下に、施工管理の主要な仕事内容を詳しく説明します。

① 品質管理

品質管理は、建設プロジェクトの完成品が設計図や仕様書に基づいて高品質であることを保証するためのプロセスです。具体的な業務内容には以下が含まれます。

  • 設計図や仕様書の確認:設計図や仕様書が正確であり、現場で問題が発生しないように確認します。
  • 検査とテスト:施工の各段階で材料や工事の品質を検査し、不適合がないか確認します。
  • 不具合の是正:不具合が発見された場合、その原因を突き止め、是正措置を講じます。

② コスト管理

コスト管理は、プロジェクトが予算内で完了することを確保するための管理です。主な業務には以下が含まれます。

  • 予算の策定:プロジェクトの初期段階で予算を策定し、全体の資金計画を立てます。
  • コストの監視:実際のコストが予算に対してどのように進行しているかを定期的に確認し、逸脱がないか監視します。
  • コスト削減策の検討:コストオーバーランを防ぐために、効果的なコスト削減策を検討します。

③ 工程管理

工程管理は、プロジェクトが予定通りに進行することを確保するための管理です。具体的には以下の業務があります。

  • スケジュール作成:詳細なスケジュールを作成し、各工事の進行状況を管理します。
  • 進捗の追跡:工事の進捗状況を定期的に確認し、スケジュールに対しての遅れや問題点を把握します。
  • 問題解決:進捗に遅れが生じた場合、迅速に対応し、計画通りに進行するよう調整します。

④ 安全管理

安全管理は、現場の全ての作業員が安全に作業できる環境を提供するための管理です。主な業務は以下の通りです。

  • 安全教育:全ての作業員に対して定期的に安全教育を実施し、労働災害を防ぎます。
  • リスクアセスメント:現場でのリスクを評価し、安全対策を講じます。
  • 安全監視:現場の安全状況を監視し、必要な安全対策が遵守されていることを確認します。

⑤ チーム管理

チーム管理は、プロジェクトに関与する全てのチームメンバーが効果的に協力し、最高のパフォーマンスを発揮できるようにするための管理です。具体的には以下の業務があります。

  • コミュニケーションの促進:チーム内の円滑なコミュニケーションを促進し、情報共有を図ります。
  • 役割と責任の明確化:各メンバーの役割と責任を明確にし、効率的な作業を実現します。
  • 問題解決:チーム内で発生する問題やコンフリクトを迅速に解決します。

⑥ 環境管理

環境管理は、建設活動が環に与える影響を最小限に抑えるための管理です。具体的な業務内容は以下の通りです。

  • 環境影響評価:プロジェクトの開始前に環境影響評価を実施し、潜在的な環境リスクを把握します。
  • 廃棄物管理:現場で発生する廃棄物の適切な処理とリサイクルを推進します。
  • 持続可能な資源の利用:再生可能資源や環境に優しい材料の使用を推進し、持続可能な建設を目指します。

施工管理は、多岐にわたる業務を統括し、プロジェクトの成功に不可欠な役割を果たします。これらの管理業務を効率的に行うことで、建設プロジェクトの品質向上、コスト削減、スケジュール遵守、安全確保、チームのパフォーマンス向上、そして環境保護を実現します。

▼1級建築施工管理技士が在籍する企業のキャリア形成事例はこちら
品質にこだわる「火の玉集団」が描く鉄筋業界の未来

施工管理技士を目指す人とは

具体的には以下のような方々が施工管理技士の資格を目指します。

①建設業界の技術者

建築や土木工学などの専門知識を持つ技術者が、建設プロジェクトの施工管理業務を担当するために資格取得を目指します。

②建設会社の社員

建設会社や建設業界の企業で働く社員が、施工管理業務を行うために資格取得を目指します。特に、施工管理技士の資格を持つことで、キャリアアップやスキルの向上が期待できます。

③建設プロジェクトの関係者

建設プロジェクトに関わるさまざまな関係者、例えば建築士、建築施工管理技士、土木施工管理技士なども、施工管理業務に関連する資格取得を目指すことがあります。

④施工管理会社の従業員

施工管理会社で働く従業員や施工管理の専門家も、施工管理技士の資格を持つことで、より専門的な業務を担当することができます。

施工管理技士に求められる業務と役割

施工管理技士は、建設現場での施工管理業務を適切に実行し、プロジェクトの品質、安全性、進捗、コストなどを管理する責任があります。それぞれの業務において、施工管理技士に求められる主な役割を以下に示します。

① 工程管理

工程計画の策定

      • 建設プロジェクトの全体的なスケジュールを作成し、各工程の詳細な計画を策定します。
      • 作業の優先順位を設定し、効率的な作業の流れを確立します

進捗状況の管理

      • 定期的に現場を巡回し、作業の進捗状況を確認します
      • 進捗レポートを作成し、上司やクライアントに報告します。

工程の最適化

      • 工程の中で発生する問題を早期に発見し、迅速に対策を講じます。
      • 必要に応じてスケジュールを調整し、遅延を防ぎます。

② 品質管理

施工方法の指導

      • 設計図や仕様書に基づいて、正しい施工方法を指導します。
      • 現場での作業が規定の品質基準に従って行われているかを監督します。

品質検査の実施

      • 使用する材料や施工過程の品質を検査し、不適合な点がないか確認します。
      • 品質管理のための定期的なテストやチェックを実施します。

品質向上の方針策定

      • プロジェクト全体の品質管理方針を策定し、現場での品質向上に努めます。
      • 規制や基準に適合するためのプロセスを整備し、改善点を洗い出します。

③ 安全管理

安全基準の遵守

      • 労働者の安全を確保するために、安全基準や規制を現場で徹底します。
      • 安全に関するチェックリストを用い、定期的に現場の安全状態を確認します。

安全教育とトレーニング

      • 労働者に対する安全教育やトレーニングを計画・実施します。
      • 安全意識を向上させるためのキャンペーンやミーティングを開催します。

事故予防

      • 過去の事故データを分析し、事故防止のための対策を講じます。
      • 安全装備の使用を徹底させ、リスクの高い作業には特別な対策を設けます。

④ コスト管理

予算管理

      • プロジェクト全体の予算を策定し、予算内での遂行を確保します。
      • 定期的にコストレポートを作成し、上司やクライアントに報告します。

資材調達と見積もり

      • 必要な資材を適切に調達し、コスト効率を高めるための見積もりを行います。
      • 資材の価格や品質を比較し、最適な選択をします。

支出の精査

      • 各工程での支出を精査し、無駄を最小限に抑える努力をします。
      • コスト削減のための提案を行い、実施します。

⑤ 現場監督

作業監督

      • 現場での作業を監督し、施工業者や協力会社との調整を行います。
      • 施工作業が計画通りに進んでいるかを確認し、問題があれば即座に対応します。

進行状況と品質のチェック

      • 施工の進行状況や品質を常にチェックし、基準に達しているかを確認します。
      • 定期的に現場ミーティングを開催し、進捗状況を共有します。

⑥ 文書管理

書類作成と管理

      • 施工に関する書類や報告書を作成し、適切に管理します。
      • 必要な文書を整理し、関係者が容易にアクセスできるようにします。

情報の記録と共有

      • プロジェクトの進捗や問題点、変更などを適切に記録します。
      • 定期的に関係者との情報共有を行い、コミュニケーションを円滑にします。

⑦ 関係者とのコミュニケーション

円滑なコミュニケーション

      • 建設プロジェクトに関わる関係者(上司、施工業者、協力会社、関連部署、顧客)との円滑なコミュニケーションを図ります。
      • 定期的なミーティングや報告を通じて、情報共有と問題解決を行います。

協力関係の構築

      • 関係者との良好な協力関係を築き、プロジェクトの進行をスムーズに行います。
      • クライアントや上司の期待に応え、信頼関係を構築します。

施工管理技士は、建設プロジェクトの成功に向けて多岐にわたる業務を担当します。品質、コスト、納期、安全、環境の各要素をバランスよく管理し、プロジェクトの進行を確実にします。技術的な知識や経験に加え、リーダーシップ能力やコミュニケーション能力も求められます。施工管理技士の役割は、単なる監督業務にとどまらず、プロジェクト全体の品質向上と円滑な進行を支える重要な存在です。

施工管理技士の資格は7種類

施工管理技士の資格には、次の7種類があります。

・建築施工管理技士(1・2級)

・土木施工管理技士(1・2級)

・電気工事施工管理技士(1・2級)

・管工事施工管理技士(1・2級)

・造園施工管理技士(1・2級)

・建設機械施工技士(1・2級)

・電気通信工事施工管理技士(1・2級)

上記の施工管理技士は、一般的な建設プロジェクトだけでなく、道路や橋、ダム、トンネルなどのインフラ整備プロジェクトや、住宅建設、商業施設の建設など建設業界のさまざまな分野で活躍しています。

▼造園施工管理技士・土木施工管理技師が活躍する企業の取り組みをご紹介
職人ファーストの外構・造園工事会社が挑む営工分離体制の構築

施工管理技士の資格には、それぞれに1級と2級がある

7種類ある施工管理技士の資格には、それぞれに1級と2級があり、異なるレベルの施工管理業務を担当します。
※2024年6月時点

1級施工管理技士

  • 資格要件
    • 大学、大学院、短期大学、高等専門学校、工業高等専門学校の卒業、またはそれに相当する資格
    • 3年以上の実務経験
    • 施工管理技士試験に合格
  • 主な業務
    • 大規模な建設プロジェクトの施工管理
    • 工程管理、品質管理、安全管理、コスト管理などの全体的な責任
    • チームのリーダーシップ
  • 役割と責任
    • プロジェクト全体の計画、調整、監督
    • 技術的な指導と問題解決
    • 法令や規制の遵守

2級施工管理技士

  • 資格要件
    • 高等学校卒業またはそれに相当する資格
    • 5年以上の実務経験
    • 施工管理技士試験に合格
  • 主な業務
    • 中規模な建設プロジェクトの施工管理
    • 施工現場の監督と管理
    • 基本的な工程管理、品質管理、安全管理、コスト管理
  • 役割と責任
    • 現場監督としての役割
    • 施工プロセスの日常的な管理
    • 安全基準の遵守と労働者の安全確保

出典
国土交通省. 施工管理技士制度の概要. 施工管理技士制度

どちらの級も試験に合格する必要がありますが、試験内容や難易度は異なります。
1級施工管理技士はより高度な技術的知識と経験が求められます。大規模かつ複雑なプロジェクトの管理が主な役割です。2級施工管理技士はより基本的な知識と経験で、中規模なプロジェクトの管理に従事します。

▼1級建築施工管理技士が在籍する企業のキャリア形成事例はこちら
「日本一の職人集団」を目指して――木造住宅からRC造マンションまでANDPADフル活用

施工管理を仕事にするうえで必要なマインドセット

施工管理技士はもちろん、施工管理を行ううえで重要なマインドセットには、次のようなものがあります。

①責任感

施工管理技士は建設プロジェクトの施工管理を担当する上で、品質、安全、工程、コストなどの多岐にわたる業務に責任を負います。そのため、責任感を持ち、プロジェクトの成功に向けて全力を尽くすことが求められます。

②問題解決能力

建設現場ではさまざまな問題や課題が発生することがあります。施工管理技士は迅速に対処し、効果的な解決策を見出す能力が求められます。柔軟性を持ち、臨機応変に対応することが重要です。

③コミュニケーション能力

施工管理技士は建設プロジェクトにおける様々な関係者とコミュニケーションを取る必要があります。労働者、上司、協力会社、顧客などと円滑なコミュニケーションを図り、情報の共有や意思疎通を促進する能力が求められます。

④忍耐強さ

建設現場では予期せぬ問題や困難に直面することがあります。施工管理技士は冷静さを保ち、長期にわたって作業を継続し、目標を達成するための忍耐強さが必要です。

⑤チームワーク

建設プロジェクトでは複数の関係者が協力して作業を進めます。施工管理技士はチームの一員として、他のメンバーと協力し、共通の目標に向かって働くことが重要です。

⑥学び続ける姿勢

建設業界は常に変化しています。新しい技術や規制の変更などに迅速に対応するためには、常に学び続ける姿勢が必要です。施工管理技士は自己成長に努め、専門知識やスキルを向上させることが重要です。

これらのマインドセットを持つことで、施工管理技士は建設プロジェクトの成功に貢献し、安全で効率的な施工を実現することができるでしょう。

施工管理アプリANDPAD

工程表・写真・図面などの最新情報をクラウドで一元管理。施工に関わる全員の仕事を効率化

「ANDPAD施工管理」は、ANDPADの標準機能。工程表や写真、図面、報告などをクラウド上で効率的に管理・共有できます。ANDPADでは、工程表や写真・図面資料など、施工現場での情報共有により現場を見える化することで施工現場の業務改善・効率化を高めます。

工程管理、稼働・営業管理、カレンダー、写真、資料、チャット、日報が基本機能としてご利用いただけ、関係者全員で瞬時に共有したり、工程表や図面もクラウド上で常に最新版に更新、“言った言わない” などのコミュニケーションミスを防ぎ、工期遅れも未然に防ぐ事ができます。

ANDPAD施工管理
https://andpad.jp/products/construction_management

まとめ

施工管理は建設プロジェクトの計画通りの進行と品質・安全基準の遵守を確保するための重要な管理活動です。主な仕事内容には品質管理、コスト管理、工程管理、安全管理、チーム管理が含まれ、プロジェクトの成功には欠かせません。
施工管理技士の資格は、特に大規模なプロジェクトにおいて必要とされる専門知識と経験を証明するものであり、キャリアアップにおいて重要な役割を果たします。施工管理技士や施工管理業務に携わるためには、責任感、問題解決能力、コミュニケーション能力、忍耐強さ、チームワーク、学び続ける姿勢などのマインドセットが求められます。施工管理は技術的な知識や経験だけでなく、効果的なリーダーシップやコミュニケーション能力も必要とされる重要な役割です。これからも施工管理技士の重要性は高まり続けるでしょう。

また、施工管理の効率化には、工程表や写真、図面などの情報をクラウドで一元管理する「ANDPAD施工管理」のようなアプリの活用が有効です。これにより、情報共有が円滑になり、業務の効率化と工期遅れの防止が期待できます。

リンクをコピー
Facebook
Twitter
  1. ホーム
  2. トレンド
  3. 教えて!秋野弁護士!建築業界の法律トラブル相談所#02
  1. ホーム
  2. トレンド
  3. 教えて!秋野弁護士!建築業界の法律トラブル相談所#02