〜後編〜デジタルファブリケーションで 全ての人を「設計者」に

  • ANDPAD
  • 設計
  • デジタルファブリケーション

秋吉 浩気 氏
VUILD株式会社
代表取締役

稲田武夫
株式会社アンドパッド 
代表取締役

今井亮介
株式会社アンドパッド 
VP of New Business

「生きる」と「つくる」がつながる社会にするために、すべての人を 「設計者」にすることをミッションに掲げ、デジタルテクノロジーによって建築産業の変革を目指す設計集団、VUILD株式会社。3D木材加工機「ShopBot」を日本に導入し、2019年4月には家具づくりをすべての人に開放するサービス「EMARF(エマーフ)」をスタートさせるなど、デジタルファブリケーションを先導している存在だ。2019年10月に竣工した『まれびとの家』は2020年のグッドデザイン賞金賞をはじめとするさまざまな賞を受賞し、業界内で注目を集めている同社の代表取締役・秋吉浩気氏にインタビューを実施。後編では、当社代表取締役・稲田武夫と新規事業開発責任者・今井亮介との三者対談を行い、今後どのように工務店がデジタルファブリケーションを取り入れていくべきかや、VUILD x ANDPADでできる取り組みについて議論した。

まずは内部造作家具から、デジタルファブリケーションの第一歩を

稲田: 前編では、デジタルファブリケーションを活用した貴社の取り組みについて伺いました。お話しいただいた内容にもありましたが、現在国内64拠点で3D木材加工機の「ShopBot」と提携していらっしゃいますよね。実際にデジタルファブリケーションをどのように活用していけばいいのかというところがイメージできないという工務店様もいらっしゃると思いますが、工務店様がデジタルファブリケーションにどのように一歩を踏み出していけばいいのか教えていただけますか。

秋吉氏: 一番やりやすいのは、キッチンの天板を切るとか、造作棚をつくるとか、内部造作の家具ですね。従来の既製品のような単純な四角い箱をこの仕組みでやってもあまりバリューを出せませんが、工務店様とお施主様でこういうツールがある前提でお話を進めていくと、アイデアの膨らませ方も変わったり、通常の既製品にはないような豊かなライフスタイルを実現できる空間づくりの可能性が広がります。しかも、凄く手軽につくれるので、お施主様に引き渡した後の納得感も得られますし、竣工後にも続く“関わりしろ”も出てくるかもしれないなと。こうした内部空間をつくるというところではかなり有効に活用できると思います。

全て展開されたパーツで届くので、工務店様はそれを組み立てたり仕上げる作業はむしろ長けていらっしゃいますから、造作家具の構造のキットをすぐに簡単につくれて、すぐに使えるというのは工務店様にとってメリットが出てくるはずです。

今井: なるほど。家具以上建築未満あたりの可動棚のような造作家具などがうまくつくれたりすると、工務店様としては付加価値を提供できるので、強みにもなりそうですね。

秋吉氏: 現在「まれびとの家」の普及版を検討していて、家のテンプレートみたいなものを工務店様に共有し、そのテンプレートを使って地元の木を切るところから始めて、家を建てるというスキームをどんどん開いていきたいなと思っています。実際の構造体とか家づくりのなかでも在来工法に変わるフォーマットとしてもっていただけると思いますね。

稲田: では、貴社に興味をお持ちになった工務店様はどのようにコンタクトを取ればいいのでしょうか。⽊製ものづくりのデザインからパーツに加⼯するまでの⼯程をオンラインで完結できるクラウドサービスである「EMARF」を使っていなくても、問い合わせをすればご対応いただけるものなのでしょうか。

秋吉氏: 当社にお問い合わせしていただければ、EMARFの使い方も含めて教えますし、こんなものを使ってみたいというご要望があればその都度対応していきます。あとは、アンドパッドさんのお客様向けにセミナーや説明会などはぜひやらせていただきたいですね。

稲田: そうですね。EMARFは工務店がお施主様への様の提案に活かせるツールになっていくと、凄く良さそうですね。最近は、未完成住宅という考え方もあり、「仕上げ以降は自分でつくりたい」というニーズをもつお施主様が増えていますしね。

秋吉氏: “オーダーメイドIKEA”というイメージですね。家具はむしろ競合もいないですし、かなりバリューを発揮できる領域だと思います。壁一面に棚をつくる場合、無印良品などの既存のサービスを利用すると、シンプルなものにしても20〜30万円くらいかかりますが、20万円以下でもオーダーメイドでできるというのは結構大きな話だなと思っています。

壁一面に棚をつくりたいという事例では、IKEAなどでも20〜30万円かかるものを実験的にスタッフ自身で製作してみました。一般の人でもテレビの位置やロボット掃除機の収納場所などの要望を盛り込んでスケッチはできるので、それをベースに工務店様がパーツを用意してお施主様のDIYをサポートするというサービスも面白いかもしれません。

稲田: これすごく面白いですよね。このケースでは、全部でいくらくらいだったのですか。

秋吉氏: 工務店様にデザインデータを起こしてもらう費用を入れて、25万7000円です。デザイン料は枚数ごとにチャージということになっていて、この事例はデザイン料が8万5000円かかっているので、制作費自体は16万円くらいになります。

工務店のニーズに合わせてデザインのテンプレート化を推進

稲田: 実際に使って体感していただくことが大事だと思うので、ANDPADでEMARFのモニター工務店様を募集するのもいいですよね。

秋吉氏: いいですね。あとは、技術として持っていることで言うと、WEB上にテンプレートを上げておいてそれを出力するとすぐに加工データが出る仕組みをつくっています。テンプレート化すればデザイン料はもっと安価になるので、それを使って修正してパーツだけ届けてもらうといったこともできますね。

稲田: EMARFの考え方からすると、DXFでもらったファイルでモデリングされたテンプレートが大量に増え、誰しもがチョイスして使えるという世界は面白いと思います。さらに工務店様やリフォーム会社様の強みにしていこうという時に、自社内でモデリングデータを大量にストックしておきたいというニーズが出るかなと思うのですが、そういったこともできるのでしょうか。

実際のEMARFのモデリング画面

秋吉氏: 現状はニーズが少ないのですが、WEBに埋め込むのも実装しているので、ご依頼があれば対応可能です。YouTube画面のように工務店様のHPに埋め込みをして自社のロゴを入れたりもできます。当社のサイトではテンプレートをサイズ変えて発注できるようにしているので、ぜひ取り入れていただけたら。

稲田: ANDPADは原価管理や工程表を使っていただいている会社様もあるので、そのなかに提案時にこれで組み込んだ家具も原価にパッと組み込まれると便利ですね。あとは職人の方々も造作でさらに仕事が得られるという世界観があって、工務店様がいくつかファブリケーションモデルを用意しておいて、組み立てる作業者さんをコミュニティのなかで育てるというのもいいかもしれません。それを強みの一つにしていきたいという工務店様は出てくると思いますし、そこでチャレンジしていくのはありかなと思います。

あとは、工務店様向けにコンテストをやってみるというのはいかがでしょうか。

秋吉氏: 確かに、それはいいですね。先程おっしゃっていたように、「こういうのをつくってほしい」という要望が集まったテンプレートをたくさん用意して提供するということはできると思います。テンプレート化するシステムはもっているものの、何をテンプレート化すればいいのかがわからず、結局あまり本格的に着手していないのが現状なので、コンテストなどで工務店様からアイデアを出してもらって、ニーズが多そうなものを実装するのも面白いですね。

今井: お施主様から造作のご要望が多い工務店様から、こういう造作があったらいいなという意見をどんどん出してもらうアイデアボックスみたいなものをANDPAD ONEでやってみるのも面白いかもしれません。

VUILD x ANDPADで今後取り組んでいきたいこと

稲田: 設備・建材会社さんも当社のコミュニティにも多数いらっしゃるので、ANDPADのお客様の集合知としてのEMARFになると面白そうですよね

秋吉氏: そうですね。こちらとしてはAPIとかでANDPAD本体にUXとして統合されているといいなと思います。

今井: 今後アンドパッドでは、ANDPAD図面BIMを提供予定です。例えばその連携先にEMARFがあって家具の提案が同時にできてANDPADのプラットフォーム上で動いていくというのは実現できそうですね。

秋吉氏: あとは、特殊加工でなくても、シンプルなものも含めて構造体のプレカットも対応していこうと思っているので、そちらでもいろいろ一緒にできると思います。見積書を依頼せずにすぐに金額も出ますし、もしWEB上で構造のデータが上がっているのであれば、そこからわれわれが拾って算出するだけなので。

稲田: いいですね。なるべく施主支給を避けたいという工務店様が多いなかで、逆にそこを強みにしたいという工務店様もいらっしゃると思いますし、例えばEMARFプラットフォームに受託仕様の家具モデルを100パターンくらい取り揃えておいて、工務店様がカスタマイズした20パターンを自社商品としてストックしてオプション化していくというのはすごく喜ばれそうですね。

今井: 構造となると保証などの問題にもなってくるのでなかなか難しい部分はありますが、家具だったら取り入れやすそうですよね。まずは、セミナーやANDPAD ONEなどからスタートさせていけたらと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。秋吉様、本日は貴重なお話ありがとうございました。

 

デジタルファブリケーションに興味があっても、具体的なイメージが湧かず二の足を踏んでいるというケースは多いはず。しかし、造作家具や構造体のプレカットなどから気軽にデジタルファブリケーションを取り入れることは可能だ。まずは造作家具などシンプルなものからスタートし、どのように自社の強みにしていくかを検討してみてはいかがだろうか。

また、こうした世界を広げていくために、VUILD x ANDPADでできることにチャレンジしていきたい。

 

EMARFに関してのお問い合わせはこちらから
https://emarf.co/

VUILD株式会社
https://vuild.co.jp〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unico1F-A
代表取締役 秋吉浩気
創業:2017年11月21日

取材:今井亮介
編集:平賀豊麻
ライター:金井さとこ