〜前編〜IT技術による業務効率化と精度の高いコミュニケーションで 新たな現場監督のモデルを構築したい 

  • 戸建て
  • 注文

株式会社ユニバーサルホーム
取締役 渡邉 雄士 氏

「人と地球にやさしい家づくり」を目指し、高品質な注文住宅を全国で手掛けている株式会社ユニバーサルホームは、創業25周年を迎え、耐震性能の高い在来木造注文住宅の累計施工実績は41,000棟にのぼる(※2018年2月度現在)。その高い商品力を活かしたフランチャイズ展開も行い、「高い品質」と「適正価格」を追求していくなかで、2016年12月株式会社飯田産業の子会社として、飯田ホールディングスグループの一員となった。そこで、今後同社の事業成長の鍵を握る、取締役・渡邉雄士氏に現場監督業についてインタビューを実施。前編では、渡邉氏のご経歴や現場監督の魅力、仕事へのこだわり、人材育成面で大切にしていることついてお話を伺った。

――まずは、渡邉様の今までのご経歴ついて教えてください。

卒業後は地元のゼネコン系の建設会社に入社し、現場監督として3年半ほどビルや公共施設などを手掛けましたが、会社が倒産してしまい転職を余儀なくされました。ゼネコンでの仕事は大規模な点ではやりがいはあったものの、工程ごとに担当分けされ、部分的にしか関わることができなかったので、一気通貫して携われる住宅の仕事がしたいと思い、飯田産業に入社しました。
安価で品質の高い分譲住宅を多くのお客様に供給していくというのが飯田産業の事業モデルですが、当時は分譲事業が急成長している真っ只中。次から次へと目の前の仕事をこなすことに必死でしたが、住宅建築に携われているという充実感があって生き生きと働いていましたね。

その後、大阪での分譲事業立ち上げにも携わりました。現場監督は自分しかおらず、協力業者探しなど全て一から始める状況で。お付き合いのある業者さんから紹介をしていただいたり、建築現場を見つけたら飛び込み営業をしたりと、非常に泥臭い仕事でしたが、思いに共感していただける業者さんが多く、やりがいがありました。
それから8年ほどで東京へ異動し、千葉、埼玉の工事責任者を務め、2017年に注文住宅領域のハウスメーカーであるユニバーサルホームに出向し、取締役として工務・設計の責任者として現在に至ります。

――成長期には人員拡大に伴い経験値の浅い人材を育成していく必要があったと思いますが、新しいメンバーのモチベーションを奮い立たせるために、どんなことを働きかけていらっしゃいましたか?

事業を成長させるために自分にできることは何かを考えて伝えるようにしていました。私自身は入社当時良い環境で働けていたとは言い難いですが、後進の育成においては時代も会社規模も条件が全く違う。だから、自分が経験したことや会社としての思いはしっかりと共有しながらも、同じことを強要しないよう心掛けていました。いかに経験値の浅い社員にも同じ思いをもってもらい事業を盛り上げていけるか、骨を折りながらも人材育成に励んできた経験が、現在にも繋がっていると思います。

――渡邉様にとって現場監督の仕事の魅力は何でしょうか?また、現場監督に必要なスキルはどのようなものでしょうか?

この仕事は人と接する機会が非常に多く、さまざまな職種の方々と接することができます。もちろん、その分大変な部分もありますが、色々な方々と触れることで、技術的なスキルよりも人としてのスキルを成長させていけるのが最大の魅力です。

技術的なスキルであれば、時間はかかったとしても経験値とともに上がるので、経験値不足の部分をサポートすればいいですが、人としてのスキルを成長させるためには、どんなに時間や経験積み上げても、本人が成長しない限りどうにもなりません。人間力や胆力を鍛えられるという意味では業種問わずどの仕事にも通用するものでもあるで、人材育成においても人間力に重点を置いています。

――現場監督は工程の段取りなどテクニカルな部分よりも、人間力が大事なのですね。では、現場監督の人間力を育成していくために、どのようなことを心掛けていらっしゃるのでしょうか?

人材育成の観点では、それぞれ個性やキャラクターを尊重して、それぞれの長所を伸ばしていくのが上の立場にいる人間の役割だと思っているので、社員とは上司と部下という関係性ではなく、一個人として対峙してなるべく歩み寄るよう心掛けています。

また、人としての深みや人間性がしっかりしていないと、さまざまな職人さんと対峙する現場監督は務まりません。物理的な仕事量やタスク管理に悩むこともありますが、職人さんとの信頼関係が築けていると、繁忙期には職人さんがフォローしてくださって、結果としてスムーズにいくことも多い。関係性が希薄だと、仕事量に加えて職人さんからの協力も得られず八方塞がりになってしまう。だから、現場監督として職人さんと対等な立場を築いていくことが大切なのです。

――では、テクニカルな部分についてお伺いいたします。現場監督は数多くの現場を抱えていると思いますが、その中で大事にしていることはありますか?

飯田産業の現場監督は年間平均で50〜60棟、多い人では130〜140棟くらいを担当することも。私も監督時代は100棟ほどを担当していました。これだけの棟数を回していくためには、いかに先々の段取りを後手にならないようにやっていくかが肝で、工期がズレた時に段取りを切り替えられるか、問題を先送りにせずに解決していくかが求められます。

あとは、自分がやらないと回っていかないという責任感もありましたね。自分が止めてしまうと会社や周りに迷惑がかかってしまうので、常にその部分の責任感はありました。

――渡邉様のその責任感の原動力となっているものは何でしょうか?

飯田産業が受け入れてくれたことへの感謝ですね。一級建築士の資格を取得できたのも上司の激励があったからですし、大阪時代の泥臭い経験も間違いなく今の自分に繋がっています。この恩を返さなければという思いが、私にとっての責任感なのかもしれません。

渡邉氏がユニバーサルホームで取り組まれていることやANDPADの位置付け、今後の現場監督のあり方について伺った後編も併せてご覧ください。

後編はコチラ

株式会社ユニバーサルホーム
https://www.universalhome.co.jp〒104-0032
東京都中央区八丁堀二丁目7番1号 八丁堀サンケイビル5階
代表取締役 兼井 雅史
設立:1995年5月

取材:渡邊泰右、平賀豊麻
編集:金井さとこ