多様な働き方を応援する給排水設備工事会社の最先端の“現場”/〜後編〜社内・社外ユーザー双方の立場からANDPADを猛烈活用!価格決定権を握るための付加価値づくり

  • 管工事
  • ANDPAD
  • 専門工事
  • 多様な働き方
  • 従業員満足度向上
  • 給排水設備工事
  • 顧客満足向上

小嶌 貴満氏
GROWTH株式会社 代表取締役 
高校卒業後、水道工事の職人として活躍。一時退職し、父親が立ち上げたエクステリア外構会社を手伝う。その後、再度水道業界に戻り、以前お世話になっていた親方の元で再度修行を積み、2003年有限会社雄貴設備として独立。2010年 GROWTH株式会社に社名変更し、現在に至る。

長谷川 めぐみ氏
GROWTH株式会社 工事部 事務
建築業未経験ながら、2018年同社に中途入社。工事部の事務として工務業務のサポートを行う。

桑尾 鮎美氏
GROWTH株式会社 工事部 事務
調理師専門学校卒業後、調理師の免許を取得して飲食業に従事。建築業未経験ながら、2020年10月同社に中途入社。



新築注文住宅の給排水設備工事を主軸に、代願申請業務、リフォーム建築工事、不動産事業と幅広く事業を展開するGROWTH株式会社。愛知県内の各自治体で指定工事店許可を取得し、広い範囲で工事に対応できるのが同社の強みだ。また、働き方改革にも精力的に取り組み「健康経営優良法人」にも認定され、名古屋市ワーク・ライフ・バランス推進企業としても個人の働き方を尊重しそれぞれの能力を発揮できる職場環境を目指している。

同社は2014年から、部署を超えて業務に関する情報を共有して工事を完了させていくためのツール「工程管理システム」の構築をスタートするなど早くからDXを推進し、2018年にANDPADを導入。デジタル化によってさらに働きやすい環境を整え、成長を加速させている。そこで、今回は同社の代表取締役 小嶌貴満さん、工事部 事務 長谷川めぐみさん、工事部 事務 桑尾鮎美さんの3名にインタビューを実施。前編では、個性と能力を発揮できる職場環境づくり、会社としての付加価値を追求する同社の現在に至るまでの変遷について伺った。後編では、100項目を超える独自の自主検査を徹底し、工務店からの信頼を獲得する同社の取り組み、社外メンバーとの情報共有ツールとしてのANDPAD活用、デジタルの活用によって今後目指すビジョンについて紹介する。

100項目を超える独自の自主検査を徹底し、工務店からの信頼を獲得

愛知県内の各自治体で指定工事店許可を取得し、広範囲で給排水設備工事を手掛けられることを強みとしている同社。品質面においては100項目を超える独自の自主検査を徹底することで、元請企業からの信頼も厚い。同社がここまで自主検査を徹底する理由を聞いた。

小嶌さん: 自主検査を徹底するようになったのは5〜6年ほど前から。それまでは、水漏れがないかどうか水圧テストの写真を見て最終判断をしていました。協力会社さんと私を含む工務担当との間での、「水漏れしていません」「水圧テストOKです」という会話を信用して、基本的に職人さんに任せていたのです。

すると、ある物件で引き渡し後に排水の水漏れが発覚。施工不備によって床下とキッチンの排水管で水漏れ、異臭、害虫が発生してしまったのです。その後半年〜1年かけてお施主様宅に通って床下検査と改修を繰り返して必死に対応しましたが、お施主様は過度のストレスで体調を崩されてしまったということがありました。

お金では解決できない苦しみをお施主様に与えてしまったこの経験を通して、検査の重要性をまざまざと痛感しました。これを機にこのようなミスは絶対に起こしてはいけないと、全物件の自主検査実施を徹底するようになりました。検査項目は100項目あり、検査チェックシートを作成して自社システムで管理しています。現場の工務担当が検査をすると、結局はオーバーワークになってミスが発生するリスクが高まるので、新たに専属で検査業務を担うポジションをつくり、人材を雇用して育成していくことに。建築業界未経験者を採用しましたが、一緒に現場に行ってチェックの仕方を教えながら2年ほどかけて経験を積んでもらい、今はしっかりと検査ができるような体制を構築しています。

「同じ失敗を二度と繰り返さない」という強い想いで、組織と仕組みの両面から盤石な自主検査体制を構築した同社。今ではそれが自社の強みにも繋がっている。以前の失敗が、同社の「顧客満足度120%」への熱量の根拠にもなっているのだ。

GROWTH株式会社 代表取締役 小嶌 貴満氏

社外メンバーとの情報共有ツールとしてANDPADを導入

早期からDXに取り組み、「工事の進捗状況などを共有するための社内的なツール」として開発した工程管理システムを位置づけていた。一方で、工事部と協力会社との情報共有においては業務負荷が依然としてかかっていると課題をもった同社。協力会社も含めたコラボレーションツールを求めていたことから、2018年にANDPADを導入した。主に社内でANDPADを使用するのは、工事部のサポート業務を行う事務スタッフ、通称サポーターだ。

長谷川さん: 私たちサポーターは、工事部の業務サポート担当として、元請企業様からANDPAD経由で受領した資料や工程表を、自社管理のANDPADや工程管理システムに格納しています。また、元請企業様の資料をもとに給排水の配管図も描いています。以前は元請企業様から資料や工程表を受領したら、協力会社さんへ共有するために出力してから郵送手配をしていました。ANDPADになってからは、受領したものがあればすぐにANDPAD上で協力会社さんに共有できるのでとても便利ですね。資料や工程表に変更があった時には、最新のものをANDPADにアップした上で、ANDPADチャットでも「この箇所が変更になりました」など協力会社さんにこまめに共有するようにしています。

GROWTH株式会社 工事部 事務 長谷川 めぐみ氏

桑尾さん: 協力会社さんがANDPADに慣れるまでには時間がかかりましたが、導入から3年ほどが経ち、だいぶ慣れてくださっていると思います。協力会社さんが写真付きの報告を上げてくださったのを確認したら、自社システムで「ここまでの工程が終わりました」ということが分かるように共有しています。それを業務土木部が確認して、スムーズに次の動きに進めるようになりました。

現状は、ANDPADでの工程表作成はまだ活用しきれていません。元請企業様の環境のANDPADから確認した工程表が、自社環境のANDPADにもインポートできるととても便利に活用できると思っています。現状ではそれが難しく、再度工程表を一からつくる必要があるため、受領した工程表をPDF化して資料フォルダに格納し、自社のシステムで工程表を作成する、という運用としています。

GROWTH株式会社 工事部 事務 桑尾 鮎美氏

小嶌さん: 協力会社さんの稼働は工程管理システムで管理しています。協力会社さんごとにカレンダーを作成して、工事に入ってほしい日程を共有しています。以前は施工担当者を決めるのは工務の役割でしたが、現在はサポーターさんがその役割を担ってくれています。

長谷川さん: 工程管理システムに入っている情報を元に、「移動距離がかからないか」「オーバーワークになっていないか」「施工品質に問題はないか」といった観点を考慮して手配しています。

小嶌さん: 工程管理システムでは、検査員が実施した検査の結果を管理しており、協力会社さんの情報と紐付いています。検査の結果、何も問題がなかった場合に技術手当というかたちでインセンティブを支給することが可能。協力会社さんの技術向上のモチベーションに繋げているだけでなく、施工担当者の手配の判断基準にもしているのです。



2018年からANDPADを導入している同社だが、協力会社にANDPADを浸透させるためにさまざまな工夫をしてきたという。

長谷川さん: 協力会社さんには、進捗報告として、ANDPADから報告と現場写真を上げてもらうことを支払い条件としています。必要な写真は合計84箇所。元請企業様への報告用として現場写真の提出を求められているのですが、その際に協力会社さんから上がってくる写真を活用します。元請企業様ごとの要望を網羅することを考えると、合計84箇所の写真が必要ということなんです。

その84箇所については、見本写真を付けた撮り方マニュアルを紙ベースで作成して、協力会社さんにお渡ししています。さらに全協力会社さんを招待しているANDPAD上の案件にも資料として格納していて、いつでも確認できるようにしています。

以前は協力会社さんによって撮る箇所や画角がバラバラでしたが、マニュアルを作成してルールを統一することで、元請企業様が求める写真としても合致し、提出用として活用しやすくなりました。

桑尾さん: それでもわからないという人には、工務さんにお願いして、現場で会ったときにANDPADの操作方法を説明してもらっています。「写真を追加」からアップしていただくと、あとから報告一覧で確認できずに不便なところがあったのですが、工務さんが現場で地道にフォローしてくれているおかげもあって、最近では「報告を追加」から写真をアップしてくださるようになり、助かっています。

デジタルの活用により元請企業からの信頼を獲得し、エンドユーザーの体験価値も向上

ANDPADを運用するようになってから、さまざまな業務が効率化したという。特に、チャットを利用することで対協力会社のコミュニケーションはもちろん、元請企業から招待されて利用するANDPAD上でもコミュニケーションが活発に行われていることが窺える。

小嶌さん: ANDPADによってタイムロスが減り、「言った」「言われてない」といったトラブルや、ヒューマンエラー防止に役立っています。以前は、会社に戻らないと資料の共有をすることができませんでしたが、ANDPADならどこにいてもすぐに対応できるので助かっています。

長谷川さん: 工程の進捗状況について、業務土木部から工務部に確認して、工務部から協力会社さんに確認して…という伝言ゲームがなくなり、やり取りのスピードが上がってきたと実感しています。ANDPADによって工事がどこまで終わったかが明確になったことも助かっています。

小嶌さん: ANDPADチャットは下請側として利用するにもとても便利で、業者間の関係性も良好になっていると感じています。チャットで協力会社さんからの連絡を見ることができるので、監督からのレスポンスが遅い場合でも業者同士でコミュニケーションを取って、仕事の状況が把握できます。これまでは監督次第なところはありましたが、業者側が自主的に動けるようになりました。

また、引き渡し後のアフター対応が発生した時にもANDPADに格納されている写真を確認することで的確な対応ができるようになったという。

小嶌さん: 1〜2年前の物件のアフター対応が発生した際に、当時の写真をANDPAD上で確認して対応できるということに、元請企業様はとても喜んでくださっています。協力会社さんが進捗報告としてアップしてくれる写真のおかげで、後々不具合があった時にすぐに確認ができて適切な対応をすることができています。

以前は、不具合が生じた際に現調しても何が原因か正確には分からず、曖昧な返答しかできないということもありました。原因を調べるために床下に潜ったり、いろいろなところを開けて見たりしなければならず、その分だけ時間も費用もかかりますから、誰がその費用を負担するかについても協議が必要でした。

ANDPADに過去の写真がしっかり残っていれば、現調時に過去の施工状況について写真を見ながら実際の状況も確認できるので、短時間で原因や状況を把握することができます。施工時の状態に問題がなければ、商品の不具合など別の要因だと明確に返答することができます。

こうしたスムーズかつ的確な対応によってお施主様の満足度も高まるため、元請企業様もとても喜んでくれています。

 

このように、ANDPADに現場写真をしっかりとストックしていくことで、アフター対応時にも迅速かつ適切な対応が可能になり、元請企業にとどまらず、エンドユーザーの体験価値向上にも波及している。

元請企業に提供できる付加価値を理解してもらった上で、受注できる世界を目指す

デジタルの活用によって元請企業からの信頼を獲得し、エンドユーザーの体験価値も向上させている同社。最後に、給排水設備工事会社として描く今後のビジョンについて伺った。

小嶌さん: 建築業界はまだまだアナログで不条理が多い業界で、未だに根性論がまかり通っているのも人気がないといわれる理由の一つ。世の中全体の働き方がアップデートされているなかでこういう働き方を続けるのは、言葉を選ばずに言えばダサいですよね。建築・建設業は日本を支える大きな業界でもあるので、働き方、そして業界そのものを変えていかなければいけないと考えています。

現状は会社に出社しなければならない働き方になっているところが大半かと思いますが、私自身、コロナ禍を経てそのような働き方についての考えも変わりました。ANDPADでどこにいても図面が見られるようになれば、自由出勤が可能になりますし、住まいが遠くても働ける環境が整うはず。どこにいても仕事ができる業界に変えていけたら、若い世代からも注目されるようになるのではないでしょうか。そういう意味でデジタル化は大切にしたいし、デジタル化で会社を成長させていきたい。

当社としては、人件費を圧縮することで原価をたたいて粗利を上げる、というのではなく、適正価格で元請企業様と取り引きすることで適切な粗利を確保していきたい。単価が安いから当社に発注するという選ばれ方ではなく、付加価値を提供することで価格決定権を持てるようにしたいと考えています。そうしないと、売上を上げるために結局オーバーワークになってしまい、われわれが目指している「年間休日130日」も実現しません。GROWTHだから依頼したい、と選んでいただけるような、そういうステージにいきたいですね。

100項目を超える独自の自主検査による品質管理体制の徹底や、ANDPADの活用によってヒューマンエラーを減らし業務効率化を図っている同社。ANDPAD上での報告と現場写真の共有を協力会社に徹底してもらうことでアフター対応にも迅速かつ適切な対応が可能になり、元請企業からの信頼を獲得するだけでなく、エンドユーザーの体験価値も向上させている。

今後、より給排水設備工事会社として付加価値を上げて、建築業界を変えていこうとしている同社が、業界におけるリーディングカンパニーとして牽引していける存在となるために、これからもANDPADはデジタルの側面からサポートしていきたい。

(写真左から)株式会社アンドパッド SaaS戦略本部 カスタマーサクセス部 林 哲郎、桑尾氏、小嶌氏、長谷川氏、株式会社アンドパッド 第二事業本部 第二部 角田 篤



社長のお話を拝聴し一番に感じたことは「挑戦的かつ、必ず還元をしている」ということです。

会社の目指すべき姿を明確にし、社員さまの働きやすさを実現するため、今まで行っていた事業を注文住宅に集中させた背景等、社長の行動力にとても感銘を受けました。有給取得、週休2日制や男性の育休取得等、実現されていることは建設業に関わらず素晴らしいことだと感じております。その社長の思い、行動が社員さまにも伝わっていると桑尾さま、長谷川さまのお話を拝聴し改めて感じました。

また、「やりがい、成長、仲間、お金、時間、安心の幸せの6つの要素を満たすことが幸せの条件である」との話で、アンドパッドとの親和性もありとても嬉しく存じます。そのような素晴らしい思いを持つ貴社をご支援させていただけていることを誇りに感じます。今後も貴社を始めとした給排水設備工事事業を行う企業さまへお役立ちできるよう、弊社一同、今後も尽力して参ります。

この度は取材の機会をいただき、本当にありがとうございました。



この度は取材をお受けいただき、誠にありがとうございました。

会社のあり方や従業員の幸せを意識して改革を続けられている社長のお話はエピソードが具体的で非常にわかりやすく、いつも勉強させていただいております。

私自身が業界にいた際に感じていた業界の負であり、不可能だと思い込んでいたことへ立ち向かい実現されている貴社を本当に尊敬しております。

また、ANDPADが無いと会社が回らないと仰っていただくほどご活用いただいていることに関しても非常に嬉しく思っております。

近年、ANDPADをご利用いただく専門工事会社様が増えている中で、社外ユーザーとしてのご利用、導入企業としてのご利用どちらにも価値を感じていただいてる貴社のような会社に増えていただけるよう、また今後もさらに貴社のANDPADでの体験を高めていけるよう、今後も尽力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

GROWTH株式会社
https://www.growth758.co.jp/home
〒463-0051
愛知県名古屋市守山区小幡太田15-20
代表取締役:小嶌 貴満
設立:2003年

取材・編集:平賀豊麻
編集・デザイン:原澤香織
編集:加瀬雄貴
ライター:金井さとこ
デザイン:森山人美、安里和幸
フィールドセールス:角田 篤
カスタマーサクセス:林 哲郎