サスティナブルな地場ゼネコン経営を目指して / 〜vol.3〜4代目経営者が描く業界の働き方の未来

  • ANDPAD図面2.0
  • ANDPAD
  • 地場ゼネコン
  • 若手育成
  • 社内コミュニケーション促進

櫻井 馨氏
伊米ヶ崎建設株式会社 代表取締役社長
大学院卒業後、大手ゼネコンに新卒入社。主に横浜を拠点に5年間現場監督として活躍。2012年家業である同社に入社。営業を経て、2018年に現職に。

髙橋 克美氏
伊米ヶ崎建設株式会社 専務取締役
東京の医療・福祉系設計事務所に5年間勤務後、地元にUターン転職することになり、1981年同社に中途入社。現場施工管理者として従事。2020年に建築部から営業部に異動。顧客への提案、設計、施工、アフターサービス業務を担当する。

髙村 研氏
伊米ヶ崎建設株式会社 建築部部長
大学卒業後、当時の専務が父親の知人であったことがきっかけで、2003年同社に新卒入社。入社20年目。建築部に配属され、公共・民間工事の現場監督として活躍。ANDPADを推進した同社のデジタル浸透の立役者。

東條 悠氏
伊米ヶ崎建設株式会社 経営企画部部長
高校卒業後、長岡市の会計事務所に勤務。退職を機に地元に戻ることになり、同社に中途入社。総務部経理課で経理業務とその他総務業務に従事するなかで、徐々に会社のネットワーク機器やOA機器の管理などに携わるようになり、現在はITシステムの管理や今後の設備投資の検討なども担う。



1932年に創業し、新潟県魚沼市を拠点に90年以上にわたり多くの民間企業や主要な公共施設等の施工に携わり、地域の発展と住民の安全・安心を支え続けてきた伊米ヶ崎建設株式会社。サスティナブルな経営を目指し、同社は2018年のiPad全社員貸与からはじまりさまざまなデジタルツールを導入。新潟県が実施したSaaS実証実験でANDPADを導入し、デジタル化の基盤を整えることに成功している。また、建設業界全体の担い手不足という課題があるなかでも、同社は若手社員の採用に積極的に取り組み、社員数は2年連続で前年比の110%に。県外からの新卒入社も増えてきている。

今回は、代表取締役社長 櫻井馨さん、専務取締役 髙橋克美さん、建築部部長 髙村研さん、経営企画部部長 東條悠さんの4名にインタビューを実施。Vol.3では、同社がサスティナブルな経営を目指すなかで、社員全員のチャレンジを称賛しデジタル化に対して前向きに取り組める組織風土をどのように形成していったのか、建設ディレクターや新卒採用強化といった地場ゼネコンとしての取り組みについて迫る。

「言い訳を続けても会社はよくならない」デジタル化に踏み切ったターニングポイント

2012年に家業に入った櫻井さん。ローカルな環境でやっていくなか、4代目として事業継承するタイミングが近づくにつれ、「同じことをやるのはもういい。何か変えなければ」という焦燥感に駆られたという。当時、同社は新卒採用で思うような成果が上げられず、今後人材がいなくなれば廃業というシナリオもあり得ると考えていた。

ちょうどその頃、土木工事の働き方に関して先進的な取り組みをしている、長野県のとある会社との出会いが同社の大きなターニングポイントになった。社長に手紙を送り、会社訪問の機会を得た。訪問してみると、IT化が進む経営を目の当たりにして圧倒されたという。

櫻井さん: 前職での経験も含めて自分が知っている働き方が全てだと思っていましたが、そんなことはないと気づかされました。ローカルなところで仕事をしていると、みんな同じような悩みを抱えながらも傷を舐め合い、茹でガエル現象のようなことは起こりがちですよね。

訪問させていただいた某会社さんも弊社も、中山間地にあり冬は積雪が多く、人口もそんなに多くない地域に位置しています。そういった似通った環境でありながら、その会社さんは採用で非常に成果を出していて、多くの若手が活躍しています。なぜこんなにも人が集まるのだろうと思っていましたが、実際に訪問し、経営の裏側を知って悟りました。人材が来ないというのは、経営者の言い訳に過ぎないのだな、と。

採用がうまくいかないのは、「魅力的な経営ができていない」から。そのように直接言われたわけではもちろんありませんが、自分なりに悟ったんです。その時、「言い訳するのではなく挑戦しないといけない」と思ったのは今でもはっきり覚えています。

左から、伊米ヶ崎建設株式会社 代表取締役社長 櫻井 馨氏、建築部部長 髙村 研氏、経営企画部部長 東條 悠氏、専務取締役 髙橋 克美氏

このまま言い訳を続けても会社は良くならない。ベンチマークした会社から学んだことはとてつもなく大きなインパクトがあった。このままでは長年務めてくれている社員の将来も先細りになり、地域に対しての使命も全うできないと痛感した櫻井さんは、その事実を受け止めた上で変わるべく動き出した。他社の具体的な取り組みを間近で見たことで、デジタルを活用すれば今まで悩んでいたことが解決できるのではと一気にデジタル化へのモチベーションが高まった。

ちょうどそのタイミングで、経営幹部の会議のなかで会長から「グループウェア的なものを使ってみたらどうか?」と言われたことも追い風となり、櫻井さんの挑戦が始まった。

サスティナブルな経営を目指し、会社の強みを活かす下地づくり

DXによってサスティナブルな経営をしていくために、まず、コンサルティング会社と共にオフィスの断捨離を行い、整理と整頓を通して意識的にターニングポイントをつくった。

櫻井さん: 賛否両論はあるとは思いましたが、まずは意図的にそういう環境をつくりました。決められたことを決められた通りにやる人が多いことが会社の強み。仕組みが巧みだと、成果がすごく出やすい組織なのです。その分、仕組みは絶対必要になります。例えば机の上に転がっているペンを定位置に仕舞うといったような、目の前に見えるもの、動かせるものから共有していく仕組みを磨いていきました。そうすることで、現場の写真や資料などもきちんと管理することの重要性にも気づき、日々の業務の課題についても考えられるようになっていきました。

こうした地ならしができてきた段階で、同社は社員へのiPad貸与をはじめとするデジタルツールの導入に踏み切った。デジタルツールという仕掛けによって組織として成果を生み出すための下地が整っていたからこそ、ANDPADもスムーズに浸透したのだ。

また、社員のアイデアでANDPADのアイコンに似顔絵を採用したり、ANDPAD図面2.0をベテランが率先垂範して活用するなど、どの世代であってもチャレンジする人を称賛していくことで、ネガティブな反応が起きにくくなるよう配慮した。こうした積み重ねによって、会社全体がチーム一丸となって実直にやり抜く組織風土が醸成されている。

建設ディレクター×ANDPADで監督の働き方改革を目指す

さらに、同社は働き方改革にも着手し、2018年から”建設ディレクター”に本格的に取り組んでいる。

建設ディレクターとは、ITスキル及びコミュニケーションスキルによって、オフィスから現場支援を行う新しい職域のこと。男性が多数を占める建設業界のなかでも、女性も活躍でき、業界の未来を切り開く新しい職域として近年注目を集めている。

同社は、元々いた社内の人材2名を建設ディレクターのパイオニアとして抜擢し、さらに新卒で4名を採用した。現在は土木部に6名の建設ディレクターがおり、今後建設部でも取り組んでいく予定だ。建設ディレクターを起用し、オフィスと現場が互いに協力する仕組みを導入することで、現場担当者は本来のコア業務に集中する環境が整い、働き方改革を加速させることを目指している。

櫻井さん: 建設ディレクターは、ANDPAD導入以前から社内コミュニケーションツールとして使用していたチャットツールを活用し、現場と繋がっています。現場ごとにチームをつくって情報共有をしながらコミュニケーションを取っています。チャットツールは、クローズドな組織の中ではうまくコミュニケーションが取れるのですが、あくまで現場と事務所を繋いでいるものであって、そこに協力業者さんが入ることは難しい。建築部に比べて、土木部は協力業者さんも少ないのでチャットツールで成り立っています。しかし、建築部は多くの協力業者さんが関わる以上、ANDPADのようなプラットフォームが必要になります。ただ、そこでのコミュニケーションを全部現場監督が担うのは負荷がかかります。そこに建設ディレクターがアプローチできれば、現場監督の仕事が圧倒的に減ってコア業務に集中できるはず。建設ディレクターは協力業者さんなど社外とのコミュニケーションが求められる職域なので、建設ディレクターとANDPADのコラボレーションが実現できれば、もっとみんなが楽しく働ける環境が整うと思います。

とはいえ、専門的な技術や知見を要する協力業者さんとのやり取りなど、全て建設ディレクターができるわけではありません。現場監督ときちんと分業して、建設ディレクターがやるほうが効率的なものは任せていくべきだと思います。そうやって役割分担をしながら働ける環境を整えていくことで、もっとみんなが幸せになれると思います。

新卒採用を強化し、「先輩」と「後輩」が共に成長できる環境に

サスティナブルな経営をしていくには、若手の人材確保は必須だ。新卒採用に関しては櫻井さんが入社してからずっと取り組んできた。成果が出るようになったのは、デジタル化を推進するようになってからだという。社員数は前年比110%増を2年続けており、近年は秋田県や千葉県など県外からの入社もあるのだとか。現在の社内の平均年齢は41歳で、来年度には30代になる見込みだ。今後も、新卒採用を続けて成長し続けられる組織を目指す。

櫻井さん: 新卒採用を続けるのは、平均年齢を下げたいからではありません。1年経ったら「後輩」ができて自分が「先輩」になるという、当たり前のルーティンをきちんと繰り返していける環境にすることが、結果的にみんなが成長できる環境になると考えているからです。

私も髙村も就職氷河期世代なのですが、この世代の切なさは、後輩がいないので教える機会がないというところにあります。弊社は最近離職率も下がってきていますが、新入社員が辞めないようになった理由の一つとして、年齢の近い先輩がいることが大きい。ベテランにとっては当たり前のことだと聞きづらくなってしまいますが、年齢が近ければ分からないことのレベルも近いので相談しやすいですからね。部活の先輩と後輩のような身近な関係性をコンスタントにつくることで、サスティナブルな経営を繋いでいきたいです。

採用にあたり弊社のコンセプトはしっかりと発信しているので、そこに共感してくれる人に来てもらいたいですね。

これからの社会は、Z世代の価値観がマジョリティになっていくのは明白だ。同社は新しい世代にフィットさせるために、自分たちを変化させ続けている。

櫻井さん: この世代の価値観にはANDPADチャットようにオンライン上のコミュニケーションがフィットしており、活用の仕方も圧倒的に長けている。だからこそ、ANDPADのようなデジタルツールを取り入れることで、若手が働きやすい環境になるはずです。

3年後にデジタルの取り組みでチャレンジしたいこと

サスティナブルな経営を目指すために、さまざまなことに取り組んでいる同社。最後に、3年後に向けてチャレンジしていきたいことについて伺った。

髙村さん: 建設業は一般の人から見たら、職業としても人気がなかったり、ダーティーなイメージがあります。魅力ある建設業の発展のために、こうした取材を受けたり、講演に出たりということを通して、他の業者さんに感じるものを持ってもらえる機会になればと思っています。そういう意味でもアンドパッドさんは目指している世界観が大きいので、ぜひ建設業を盛り上げてもらいたいですね。

今は価格だけではなく品質を見る社会になってきています。他の業者さんはライバルという見方もできますが、建設業として一緒に品質を高めていく仲間でもあります。切磋琢磨しながら、より良いものをお客様に提供していきたいですね。

髙橋さん: 魚沼地域に必要とされる企業として残るために、社員間のジェネレーションギャップがなくなるよう社長を筆頭に取り組んでいます。社内的にも各世代の考え方が近づいてきてギャップが縮まってきていると感じていて、今までの努力の成果が徐々に出始めているところ。

今後さらに適正な人員配置やツール活用により、今まで余計なことにかかっていた手間を削減して経費を抑え、少ない受注金額でもしっかり利益を確保できるよう努力していかなければなりません切り詰められるところは切り詰めて、品質は落とさない。それが、魚沼の地域に必要とされ続け、生き残っていく最善の方法だと考えています。

今取り組んでいることの一つひとつが大切で、無駄になることはないと思っています。やってみて駄目ならスパッとやめればいいですからね。ただ同じことをやるのではなく、少しずついろんな情報をもらいながらみんなで使いこなしていけば、実現できると思っています。

櫻井さん: マーケット全体を見ると、建築需要はそこまで急激には減らないと思いますが、それ以上に元請企業や協力業者などの供給側が絶対的に減っていくはず。そのなかで、きちんと人を繋ぎながらデジタルツールを活用していければ、まだまだ伸び代があると考えています。

まだまだ無駄なことや協力できていないこと、シェアできていないことはたくさんあります。そういうことが、ここ数年の取り組みのなかでリアルに理解できるようになってきました。そういう状況を追い風にしていけたら、われわれの仕事は量的にも質的にも伸ばす余地がいくらでもあると期待しています。

将来に対して希望をもつためには、間違いなく一人ひとりが担うべき売上高を伸ばす必要がある。その膨らんだ分だけ負荷が増えるのではなく、今までよりラクに、賢く、スマートに成果に繋げていきたい。まさにANDPADは、建設ディレクターとの掛け合わせが効果を発揮すると確信しているので、どんどんその可能性を追求していきたいですね。

ANDPADのような新しいことにどんどん挑戦していくために地場のゼネコンに対して何か言えるとしたら、われわれもそうだったように、一番大事なのは事例に学ぶことですね。それが一番手っ取り早いし、イメージがしやすいと思います。そういう意味で「ANDPAD ONE」はど真ん中のサイト。他社が業務効率化することが弊社にとってデメリットになるかと言うと、必ずしもそうではないですから。地域建設業同士ライバルではありますが、地域に対する使命感がある意味では仲間だと思っています。私が他社さんから教えていただいたように、弊社の取り組みをきっかけに、小さなことでいいから行動してみる。うまくいったこともいかなかったこともどんどんシェアして、行動していくことが一番大事なのではないでしょうか

今後も信頼できるパートナーであるアンドパッドさんを通して、さまざまな事例を共有し合えるといいですね。

サスティナブルな経営を目指すためにデジタルを活用し、建設ディレクターを起用した業務効率化による働き方改革を実行している同社。新卒採用も強化し、「先輩」と「後輩」関係を繋ぐことで、誰でもチャレンジできる風土を醸成し、お互い成長できる環境を整えてきた。「まずはやってみる」という一貫した企業精神と、愚直にやり抜く強みを活かすための仕組みを構築することで、風通しの良い組織へと着実に歩みを進めている。そして、これからも挑戦を続けていく同社は、今後の地場ゼネコンとしてのあり方を牽引していく存在となるだろう。

左から:株式会社アンドパッド カスタマーサクセス部 澤田 竜士、伊米ヶ崎建設株式会社 東條 悠さん、髙橋 克美さん、髙村 研さん、株式会社アンドパッド ANDPAD ZERO  曽根勝 卓

伊米ヶ崎建設の社員の皆様は、本気で業務改善をしたいという強い思いがあるんだとお会いするたびに感じます。

新潟県のSaaS実証事業でのトライアル利用から始まりましたが、21年の12月から導入されて、1月初旬には建築部での運用が確立され、定着のスピードがとても早く驚きました。櫻井社長と東條様が数年かけて、ITツールを「社員が率先して利用する環境」を醸成されたことが大きかったのだなと思います。

現状業務を変革する際、価値を感じるまでには不満が溜まりやすいですが、そこをサポートしていくお二人の取り組みの成果が、ANDPAD導入後の定着の速さに繋がっていると感じました。自社で運用定着まで自走出来るお客様ですが、櫻井社長より「様々なサービスを試しているがこんなに導入後にサポートしてくれる会社はなかなか無いと思う」と言っていただけたことが何より嬉しかったです。今回の記事で、伊米ヶ崎建設様の取り組みを皆様にお伝え出来ることは大変意義のあることだと感じております。

業務改善/メリットを感じて頂けるように今後も並走させていただきたいと思っております。

新潟県庁主催の実証事業での実証先の一つとして、伊米ヶ崎建設さまとお会いしたことが最初のきっかけでした。その際は、みなさん「どんなツールなの?」「何が変わるの?」「他のサービスを使ってるよ」など総じて「よく分からない」という状態で、打ち合わせを実施させて頂いたのが懐かしく感じます。不明瞭な中でも、導入当初から櫻井社長や髙村様、東條様が利用浸透のために積極的にルール設計、現場への利用促進を進めて頂いておりました。

導入当初の状態をよく分かっているからこそ、今回の取材時、伊米ヶ崎建設の皆様が凄くポジティブにANDPADの良さや、従来業務との変化を語って頂き、凄く嬉しかったです。本記事によって伊米ヶ崎建設様の魅力をより多くの方々へ発信でき、光栄です。

まだまだ取り組みは始まったばかりですが、これからも伊米ヶ崎建設様にご貢献できるよう尽力いたします。

伊米ヶ崎建設株式会社
http://www.imegasaki.co.jp
〒946-0037
新潟県魚沼市虫野200番地
代表取締役社長:櫻井 馨
創業:1932年

取材・編集:平賀豊麻
編集・デザイン:原澤香織
ライター:金井さとこ
デザイン:森山人美、安里和幸
ANDPAD ZERO:曽根勝 卓
カスタマーサクセス:澤田 竜士