良質な顧客体験を提供し、契約ベースで紹介率45%を実現! / 〜vol.3〜ANDPADを活用した監督業務のDX

  • 注文住宅
  • ANDPAD検査
  • ANDPAD
  • CX
  • 完全着工
  • 事前発注
  • 顧客満足

藤村 興氏
健康住宅グループ HOUSE ORIGIN株式会社 部長(品質管理・IC・社員大工)
ストリートミュージシャンとして活動後、リフォーム会社に入社。現場監督、営業を経験するなかで住み心地のいい家づくりをしたいという想いが強くなり、2005年7月に同社に中途入社。現在入社17年目。

内田 哲也氏
健康住宅グループ HOUSE ORIGIN株式会社 建築部 品質管理
前職では現場監督としてアパート・マンションの施工管理に携わる。自邸を同社で施工した際に社風に惹かれて、2014年に中途入社。現在入社8年目。

岩藤 妙美氏
健康住宅グループ HOUSE ORIGIN株式会社 建築部 品質管理
大工家系で育ち、設計士を目指して建築学科に進学。大学卒業後、2012年同社に新卒入社。同社初の女性現場監督として活躍。現在入社11年目。



1998年に創業し、福岡で最初に「外断熱工法」に特化した住宅を手掛け、九州で唯一「ハウス・オブ・ザ・イヤー」で2回の大賞を受賞する高い住宅性能を誇る健康住宅株式会社。また、2021年『魅せる現場コンテスト』総合最優秀賞を受賞するなど、現場美化にも精力的に取り組んでいる。良質な顧客体験(CX)を提供することで、契約ベースで紹介率45%を実現している同社は、さらなる品質向上を目指して2018年にANDPADを導入し、現場DXの取組みをスタートさせた。そこで、今回は同社の施工部門を担う健康住宅グループのHOUSE ORIGIN株式会社より、部長の藤村興さん、建築部 品質管理 内田哲也さん、岩藤妙美さんの3名にインタビューを実施。vol.3では年間100棟クラスで受入検査100%実施を実現するためのデジタル活用と、ANDPAD導入における取組みについて伺った。

ANDPADによる現場DXの取り組みについて

高性能住宅を年間100棟手掛ける同社は、さらなる品質向上を目指し、施工管理と検査のデジタル化を図るために、2018年にANDPADを導入した。

導入にあたり、業種ごとに検査項目が異なるため、またコロナ禍での配慮もあり、協力会社向けの説明会は業種別に7〜8回に分けて毎週開催した。

藤村さん: まず、最初にANDPADを使う目的を説明しました。「これからの時代は、仕事で現場管理アプリを使っていくことは当たり前になるはず。ANDPADが使えるようになれば協力会社さんの負担が軽減されるので、弊社が費用を負担してでも使ってもらいたい。みんなで使いこなして生き残っていきましょう」ということを伝え、今できることと将来的にANDPADで実現できそうなことを踏まえて話しました。ANDPADによって短期間で工事が終わったり、意思の疎通の不備によるミスが減り余計なコストが掛かることもなくなり、最終的には収入増にも繋がることや、協力会社さん同士のコミュニケーションが取れるようになるすごくいいツールであると、10分くらい熱く語ってから説明をスタートしました。

また、民法改正についての話も大きかったですね。「今後会社として協力会社さんの仕事について記録に残して皆さんの仕事を守っていくということは、最終的にはお客様を守ることにも繋がる。皆さんがいい仕事をしているのにきちんと記録に残してないのはもったいない」と伝えました。

左から、健康住宅グループ HOUSE ORIGIN株式会社 建築部 品質管理 内田 哲也氏、部長 藤村 興氏、建築部 品質管理 岩藤 妙美氏

説明会では、職人4名に対して現場監督1名を付けたグループに分け、別室からオンラインで繋いでアンドパッドが提供している使い方動画を投影。動画を交えて説明しながら実際に操作してもらい、全員が理解したら次のステップに進めていった。操作がわからない人には、すぐ側にいる現場監督が丁寧にフォローを行った。

岩藤さん: 説明会後も、実際に現場では使えていない職人さんもいたので、その都度一緒に現場監督が操作しながら教えるというのを数ヶ月間かけて繰り返し、ANDPADを浸透させていきました。ANDPADに反対する人はいなかったですね。

社内説明会では十分理解できていなかったところも、社外説明会で現場監督自身がしっかりとANDPADの使い方を理解できたということはとても大きかったと思います。職人さんにどういうふうに使ってもらいたいのかを理解して説明できる状態になったことで、職人さんに対して「完了報告が上がってきていないですよ」「検査項目の承認依頼を送ってください」「写真の撮り方わかりますか?」と、こちらから連絡できるようになったと思います。説明会で内容そのものは職人さんにも伝わっていたので、ANDPADが共通言語にもなり、フォローしやすい土壌ができました。

藤村さん: 現場監督も60代でデジタルが苦手な人もいるのですが、ANDPADを活用する意味合いを理解して頑張って覚えてくれました。協力会社さんのなかにはどうしてもスマートフォンが使えない人もいるので、そこは区分けをしています。現状では、使っていない人は数人しかいない状況ですね。

ANDPADを活用し、施工管理がスムーズに

業種ごとの説明会や現場での丁寧なフォローによってANDPADによる運用が定着し、現在、同社では施工管理と検査において全ての現場でANDPADとANDPAD検査が活用されている。

藤村さん: 施工管理については、現場監督のリーダーが毎週火曜日と金曜日はANDPADの工程表の更新をしないと帰れないというルールになっています。導入当初はわれわれから協力会社さんにANDPADを使うようにお願いをしていましたが、今では協力会社さんがしっかりANDPADを見てくれているので、更新していないと指摘されるようになり、立場が逆転しています(笑)。

入力したかどうかの内容までは確認せず自己申告に委ねています。入力忘れがないように、Googleカレンダーと、社内コミュニケーションツールとして採用しているslackでリマインダーを設定するなどしてフォローしています。

内田さん: ANDPADを活用するようになってから工程表通りに動いてくれる人が多くなりました。逆に自分が更新していなかったらそれ通りになってしまうので、自分がきっちりと工程表を更新していくことが、スムーズに現場を動かすために重要だとより実感しています。

完了報告・検査レポートを活用し、的確に業務実態を把握

また、ANDPADのカスタマーサクセスから提供している完了報告・検査のレポートを活用し、従来見えなかった業務実態が可視化されたことで、適切なコミュニケーションが取れるようになった。

岩藤さん: ANDPADに1〜2回しかログインしていない協力会社さんに直接連絡をして「こんなにANDPADを見てくれている人もいますよ」と具体的なフィードバックができるようになりました。今までは肌感だけでしかわからなかったものが数字で見られるようになったのは良かったですね。社員同士でも「この現場は写真の枚数が少ない」など具体的に話ができるようになりました。現場監督はまじめで負けず嫌いな人が多いので、数字として出されることでやる気にも繋がっています。

ANDPADのカスタマーサクセスから提供してもらっている完了報告と検査のレポートは、パッと見てわかりやすいので、凄く助かっています。

藤村さん: 毎週火曜日と金曜日に行っている完了報告についても、できていない協力会社さんには直接連絡をしてご本人にやってもらうというルールにしています。しかし、案件ごとにANDPAD検査がしっかり利用されていると思っても、いざ蓋を開けたら監督がやっていたということもレポートで把握することができました。それでは監督業務が増えるだけで根本の改善にはならないので、協力会社さんにやっていただくように改善してもらっています。職人さんには「できてないからダメ」とは言いません。「一緒に頑張ろう!」というスタンスで、押し付けは絶対しないようにしています。

こうした定量的な活動レポートを定期的に提供して、一緒に作戦を考えてくれたり、伴走してくれるANDPADだからこそ利用改善ができていると感じています。

内田さん: 敢えてやらないという人はいないですが、忘れてしまうというケースは多少ありますね。できていない人がいたら「次の現場で一緒にやりましょう」と伴走するようにしています。

ANDPADを活用した検査の標準化により、受入検査100%を実施し品質を担保

高性能住宅を手掛ける上で400項目以上の膨大な検査を実施している同社。以前は品質管理報告書を作成していた時期はあったものの、現場監督が写真を撮影し、Excelに入力して報告書を作成していたため業務負荷が大きく、一時期は報告書作成をやめていた。ANDPAD検査の報告書を活用することによって、お客様に提出する品質管理報告書が作成できるようになり、付加価値が上がったという。

藤村さん: 住宅会社はいろんな検査をしていますが、監督によって基準がバラバラだったりするので、標準化して全棟実施するというのはなかなか難しい。しかし、弊社は検査がしっかりと標準化できているということを営業段階でお客様に伝えています。標準化することで取るべき品質がきちんと取れるので、お客様にご迷惑をおかけする不具合を大幅に減らすことができます。しっかり記録に残してチェックしているからこそ、品質を担保できるのです。ANDPAD検査の検査報告書出力機能で作成する品質管理報告書は、お客様には敢えて当たり前の体で渡しています。

岩藤さん: ANDPAD検査の大項目は全部で38項目設けていて、印刷するとかなりの厚みがあります。就業時間内に報告書が作成できるのはいいですね。お客様にも「こんなものも作ってくれるんですか!」と喜んでいただいています。



職人の協力を得ながら受入検査100%を実施し、品質を担保することでお客様の安心と信頼に繋がり、顧客満足を高めている同社。結果としてお客様からの紹介にも繋がっていくことから、検査の徹底は同社の中長期的な成長を支える要の一つになっていると言える。

同社では、検査時の写真は是正後のものを送るというルールを徹底。さらに社内では現場監督、リーダー、藤村さんの三重体制で是正チェックを行い、しっかりと基準を満たしているか確認を行っている。緻密さが要求されるが故に、現場監督の現場訪問回数が多くなっている、という課題も。

藤村さん: 弊社の現場監督の現場訪問回数は一棟あたり45〜50回と非常に多いので、35回程度に抑えていきたいです。注文住宅のためそれぞれ納まりが異なり、その分現場訪問回数が増えてしまっているので、納まりの基準書などを作成し、標準化に取り組みたいと考えています。

まずはその第一歩として、今期はタイルや造作洗面などインテリアの標準化に取り組んでいます。造作洗面は多種多様な部材を組み合わせるのでバリエーションが多く、お客様のイメージをキャッチして提案を考えるのに時間もかかっているのが現状の課題です。ICの6名それぞれが提案する内容も違うので、ベストな10パターンをつくり、そこから部分的にアレンジしていくセミオーダーのようにしていけたら。お客様に長くお住まいいただくために、施工面やメンテナンス面も考慮したものを提案していきたいと考えています。

ANDPADへの期待と今後の目標について

ANDPADによって現場DXを加速させ、強みである高性能住宅の付加価値を提供することに成功している同社。最後に、ANDPADへの期待と今後目指すべき目標について伺った。

藤村さん: ANDPADは、現場管理アプリの中でも目指している世界観も含めて群を抜いていると思っているので、非常に可能性を感じています。アンドパッドさんは業界のために尽力されていると思いますし、弊社へのサポートにも感謝しています。

今後は、より現場監督の働き方改革にも着手していきたい。従来のように、現場に行って大工さんと話すということももちろん大事なことです。しかし、これからはデジタルを活用しながら、自宅から現場の協力会社さんへの指示出しや段取りをしたり、協力会社さんが困らないような仕組みづくりをしたりできるとよりよいと思っています。自宅や事務所で図面を引きつつ、時々現場に行ってコミュニケーションを取り、監督と協力会社さんがお互いWin-Winになる関係性を築きたいですね。今は、現場カメラの設置なども含めて、防犯を重視したものや現場の監視的なものなどいろんなアプリ・ツールが出ています。それらがANDPADを中心に繋がって現場管理ができる世界になったらいいですね。

将来的には、もっとたくさん女性が現場監督になれる時代になってほしいと願っています。岩藤が入ったことで建築現場の仕事の仕方が変わりましたし、「魅せる現場」を加速させたのも女性の観点によるものが大きかったと実感しています。だからこそ、もっと女性が働きやすい監督集団、そして建設業界にしていきたい。「ANDPADがあるから大丈夫!働ける!」と思ってもらえるようになることを期待しています。

デジタルを活用することによって、工程管理がスムーズになり検査の品質が担保されただけでなく、業務が可視化されたことにより、改善に向けた適切なコミュニケーションが取れるようになった同社。また、ANDPAD検査の報告書を活用することによって、お客様に品質管理報告書を提出できるようになり、さらなる品質面での付加価値向上を実現している。着工の平準化やインテリアの標準化など、同社のデジタルを活用した今後の取組みにも注目していきたい。



健康住宅、ハウスオリジンの皆様、この度は貴重なお話を本当にありがとうございました。とてもとても楽しく意義深い時間であっという間だったのを覚えています。とにかく真摯に、お客様の方を見据えて着実に歩みを進めていらっしゃるなと、その様々な取り組みのお話を聞いて感じていました。

私の前職のリクルートSUUMO時代から健康住宅様の歴代担当者が皆、「家を建てるなら健康住宅さんがいい」と言っていたのを改めて思い出すとともに、その秘訣の一端を知れたような気がしてとてもうれしかったです。

印象的なのは働いている方、これは社内の方々も社外パートナー方も同じくで、皆様が活き活きされていることです。それが貴社の圧巻の魅せる現場にもつながっているのだと思います。

「一生涯の笑顔と健康をつくる」

これを本当に実現していかれている会社様に関われて、同じ建設業界出身であり、そして福岡出身のものとして誇らしい気持ちです。今後も微力ながらビジョンの実現に向けてサポートしていければ幸いです!

健康住宅様の皆様、ANDAPADの長らくのご利用誠にありがとうございます。

毎月の定例会議では忌憚なくご意見を頂戴し、また業界未経験の私にたくさん勉強となるお話をしてくださり、ありがたく思っております。

貴社 協力会社様へのANDAPAD浸透の取り組みについて、実行しようともなかなか思い通りにいかない企業様が多い中、徹底した取り組みに脱帽いたしました。そのお伝えの仕方も、一方的なものではなく、協力会社様のことを考え、一緒によりよいお家づくり、施主様への価値提供をしましょうという思いが感じられました。藤村様をはじめ、皆様の愛が本インタビューを通して感じられ、健康住宅様のますますのファンとなりました。そして私たちも「アンドパッドさんのファンです」と嬉しいお言葉をいただけて大変嬉しく思っております。

まだまだ健康住宅様の目標とされるところまでお役立ちできるところはあるかと思います。引き続きANDAPADをどうぞよろしくお願いいたします!

 

健康住宅株式会社
https://www.kenkoh-jutaku.co.jp/
〒814-0104
福岡市城南区別府5-25-21
代表取締役:畑中 直
設立:1998年8月1日

取材・編集:平賀豊麻
編集・デザイン:原澤香織
ライター:金井さとこ
デザイン:安里和幸
カスタマーサクセス:伊藤 恒太、木村 衣里