~前編~オーナー様からの多くのご紹介を創出する地域密着ビルダーの取り組みに迫る/ 厳格な品質基準と徹底したアフターフォローで安心と安全を届け続ける

  • 注文住宅
  • 戸建て
  • 新築
  • 注文
  • リフォーム
  • ANDPAD検査
  • 社内メモ
  • 取引先別資料フォルダ
  • マイルストーン
  • チャット
  • DX人材
  • ANDPAD
  • 工期
  • 品質
  • CX

伊藤正道氏
専務取締役。一級建築士。CASBEE戸建評価員。応急危険度判定士。1994年に新卒入社。工事部一筋で、同社の施工品質の要的存在。

岡崎浩太氏
工事部 課長。一級建築士。宅地建物取引士。大学卒業後、建築専門学校に進学し、2009年新卒入社。13年目。現場監督を経験後、設計部門に異動し、2年間設計を担当。その後、再度現場監督となり、今に至る。現在、同社の監督職で唯一の一級建築士の資格取得者。



北海道千歳市を中心に道内のさまざまなエリアに拠点を持ち、安心・安全な家づくりを手掛けている株式会社ecoaハウス。1968年、神出設計グループの現会長 神出学氏が神出設計事務所を創業し、1995年にグループ会社として同社(当時は『神出ハウス』)が設立された。「全国⼯務店グランプリ」で2度のグランプリを受賞し、2017年には、従来の『枠組壁工法』の限界を克服した新たな耐震技術「木造住宅の外壁下地構造」を開発するなど、確かな施工品質でエリアトップの供給棟数を誇り、優良ビルダーとして地域の暮らしをサポートし続けている。そこで、今回は、専務取締役・伊藤正道氏、工事部 課長・岡崎浩太氏にインタビューを実施。前編では、同社の強みである徹底した現場管理と管理体制について、そして高い紹介率をキープし続ける組織体制について紹介する。

徹底した現場管理と検査体制で、地域で信頼されるビルダーに

1995年の設立以降、北海道千歳市を中心に道内で幅広く拠点を構え、それぞれの地域の安心・安全な家づくりを展開している同社。いくつもの検査工程と徹底した現場管理、経験豊富なスタッフが設計・品質管理から適切なプランニングやアドバイスできる総合⼒、安心を提供する工法・技法によって、地域で信頼されるビルダーとして、常にトップの地位を堅持し、邁進し続けている。同社は、株式会社住宅産業研究所が認定する、2020年全国No.1ホームビルダー大全集における「新築住宅供給棟数都市別ランキング」で千歳市第一位に認定、札幌市厚別区でも第一位に認定され、札幌周辺商圏では、常にベスト10入り。また、施工品質を競う「全国⼯務店グランプリ」では2度のグランプリを受賞するなど、業界から賞賛されるほどの施工品質が最大の強みだ。この施工品質を実現できる理由について伺った。

伊藤氏: 徹底した現場管理にこだわり、基礎や上棟後でも自社基準に満たないものは、お施主様に了承を得て取り壊してやり直すこともあります。そのため、職人の方々には、チェックされて直すのではなく、はじめからダメなものをつくらないという覚悟と自覚を持って、手戻りのない仕事をしていただける風土が構築できています。この風土が形成されるまでには、協力業者との間で軋轢もありました。決して一朝一夕で実現できるものではなく、長い歳月をかけて積み上げてきたものなのです。例えば、当社は原則として木材の部分を濡らさないというルールがあるので、毎日の作業のうち約2時間は養生に時間を費やすことになる。この運用が浸透するまで非常に時間がかかりましたが、妥協せずに自社基準の高い品質の家づくりを徹底することでお客様にご支持いただき、結果的に職人さんがついてきてくれているのだと思います。当社の厳しい基準でもやっていきたいという意識の高い職人の方々の存在はとても心強いですね。

伊藤正道氏 株式会社ecoaハウス 専務取締役。

建築時の担当者がアフターメンテナンスを担当することで、高い紹介率を担保

同社の商圏は、各拠点から1時間圏内を基本としているものの、紹介の場合はそれ以外にも対応することもあるという。広大な北海道では人口が少なく他社やハウスメーカーが参入しないエリアもあるため、その場合は出張費を頂戴し対応している。メンテナンスに関してはエリア外でも追加料金はかからない。

伊藤氏: 当社は、敢えてアフターメンテナンス専門の部署は設けておらず、住宅建築時の営業・工事担当がそのままアフターメンテナンスを担当しています。そこが、他社との大きな違いですね。お引渡しした家のことも熟知していますし、オーナー様とのリレーションもできているので、細やかなケアをご提供できます。そのため、オーナー様からの紹介につながるケースがとても多い。オーナー様の家で育ったお子様が成長して、当社で新たな家を建てていただくというケースも。

担当者は次第に既存のお客様の比率が増えていくわけですが、アフターメンテナンス業務を潜在的な将来につながる業務と捉えるかどうかが鍵。よく社員にも「面倒な仕事に感じる時もあるかもしれないが、そこに将来がある」と伝えています。顧客管理においてはシステムで履歴を確認していますが、電話など直接的なやりとりになってしまっているところもあるので100%把握しきれていないのが現状。今後は、ANDPADでメンテナンス・顧客履歴管理を徹底し、より安心していただけるサービスを提供していきたいですね。

また、千歳市の土地柄、自衛隊勤務の移住者が多く、必然的に土地なし客が多いというのも、地域の特徴として挙げられる。オーナー様から寄せられる同社の施工品質やアフターフォローへの信頼と、地場で長らく優良ビルダーとして地域トップクラスの竣工数を誇ることからも、地場不動産会社からの信頼も厚い。そうしたことからも、土地のないお客様でもしっかりとご対応することができる所以だろう。

後編では、現場管理の徹底のためにどのようにANDPADによる運用を進めたのか、デジタルを活用したことによる変化、今後の展望について深掘りしていく。

株式会社ecoaハウス
https://jinde.co.jp
〒066-0028
北海道千歳市花園2-1-5
代表取締役会長:神出 学
設立:1994年6月

取材・編集:平賀豊麻
ライター:金井さとこ
デザイン:安里和幸、佐藤茜