ガス内管工事と設備工事で取り組む業務DX / 〜vol.3〜ANDPAD報告機能を徹底活用!専門的知見を共有しパフォーマンスを最大化

  • 設備工事
  • ガス工事
  • 内管工事
  • 専門工事
  • 都市ガス
  • LPガス
  • 現場訪問回数削減
  • 営業リソース最適化

澤田 行秀氏
サーラE&L浜松株式会社 設備チーム 
1991年に同社(当時は中部ガス)入社。都市ガスの供給部門に従事。その後営業を経て天然ガスの転換プロジェクトにも携わる。現在は営業部門の内管工事管理部門を担当。

金子 知寛氏
サーラE&L浜松株式会社 リビング開発チーム 
2008年、新卒で同社に入社。BtoC営業、BtoB営業を経て、より業務理解を深めるために工事管理の仕事に携わる。現在はハウスメーカーを中心としたBtoB営業として活躍。



静岡県浜松市を中心とする幅広いエリアで都市ガスやプロパンガスなどのインフラ整備を中心に住宅やリフォームなどさまざまな角度から地域の暮らしを支えるサーラE&L浜松株式会社。元々はサーラグループ内で都市ガスを担う中部ガス株式会社とプロパンガスを担うガステックサービス株式会社の2社に分かれていたが、会社別・商品別のサービス提供スキームを顧客起点、地域軸を主にした体制と仕組みに変革させるために、2019年12月に合併。エネルギー事業再編によって同社が設立された。合併前の2019年7月からANDPADを導入し、合併後はさらなる運用浸透に向けて取り組んできた設備チーム・澤田行秀さんとリビング開発チーム・金子知寛さんにインタビューを実施。vol.1とvol.2では、同社合併の経緯と社内風土、ANDPAD導入の背景と経緯、ANDPAD導入にあたり社内外浸透させるために行った取組み、ANDPAD導入後の変化について紹介した。最終回は、デジタルを活用することで画一的な運用を可能にし、社員のモチベーションアップに繋げた報告のルール徹底についての取組み、都市ガスとプロパンガスの工事の違いを埋める社内ナレッジ共有の取り組みについて紹介する。

デジタルを活用することで、社員のモチベーションもアップ

工事管理業務の効率化のためにANDPADを導入したことで、現場巡回にかかる無駄な時間を大幅に削減することに成功した同社。

ANDPADの社内利用をさらに加速させるため、従来から行っていた現場巡回の報告を、紙での報告からANDPAD上での報告に切り替えた。澤田さんは運用にあたってのルールとマニュアルをつくり、社内の共有環境を整えたという。

澤田さん: 設備工事チームでは以前から、現場を巡回したら事務所に戻ってExcelで報告書を作成し、紙に出力して提出するというのがルールでした。提出方法を紙からANDPADに切り替えたことで、報告しやすさが改善しました。2021年8月にはANDPADでの報告をルール化し、ANDPADに「巡回報告」という案件をつくってまとめています。メンバーとして設備工事チームと設備チームの総勢11名が入っており、現場担当者の7名がそこで報告を行なっています。

現場巡回の報告をANDPADに切り替えてから、マニュアルも作成しました。手順を解説する動画を撮影して、マニュアルと一緒に共有フォルダに格納しましたが、それでも運用が浸透するまでに2〜3ヶ月はかかりましたね。やらない人にやってもらうために、その人にとってのメリットを感じてもらえるよう、コミュニケーションには気を遣いました。徐々に周りの人がやり出して、浸透していきました。

サーラE&L浜松株式会社 設備チーム 澤田 行秀氏

金子さん: 手順解説の動画作成については、実際にPCの画面でANDPADを操作している様子を、PC内蔵のマイクで口頭で説明している音声も入れて収録しました。社内のナレッジとしてなかったことを、社員から質問を受けて回答する際には、回答することとあわせて動画作成も行います。その社員に対してのみ回答するのではなく、その場で説明しながらANDPAD操作画面と説明音声を収録することで、1人の質問対応を全員で共有できる動画ナレッジに変えることができます。

サーラE&L浜松株式会社 リビング開発チーム 金子 知寛氏

澤田さん: 運用浸透にドライブがかかったのが、浜松市内の小中学校の空調入れ替えを行う大規模プロジェクト。全員が関わる案件で、案件の管理から報告まで全てのやり取りをANDPADで行いました。社内横断のプロジェクトでANDPADに触れる機会を設けたことで、ANDPADを触る全ての人がANDPADを日常的に業務利用するようになりました。

報告のルール化にあたっては、報告フォーマットの作成にも工夫が見られた。項目に対して「◯」「✕」を選択する形式にすることで確認する観点がブレず、チーム内での共有がスムーズになり画一的な運用が可能に。タイミングごとの現場での確認事項が明確になったことで全員が同じ観点で見られるようになり、都市ガスとプロパンガスで異なっていた勘所も統一化されてきている。また、従来は紙ベースの報告書だったため、現場担当者同士でお互いの報告内容を共有し合うことはできなかったが、ANDPAD上で他の担当者の巡回の仕方が分かるようになったことが現場担当者同士の刺激にもなっている。管理者側は現場担当者の適切な行動評価ができるようになり、現場担当者のモチベーションアップにも繋がった。

都市ガスとプロパンガスの工事の違いを埋めるデジタルツールの活用

同社は都市ガスとプロパンガスの両方を同じ部署で扱いANDPAD内で管理している。中部ガス、ガステックサービスとそれぞれ扱う専門性が異なる会社が合併したことで生じる専門知識のキャッチアップの壁についても、デジタルツールを活用し、それぞれの工事の違いや、それに伴って混乱が生じないようにするための工夫をしている。

澤田さん: ANDPADの運用ルールとしては、案件の名前の頭にハウスメーカーの名前を入れています。他にも、例えばプロパンガスから都市ガスへの切り替えの場合は、社内で工種を区別する際につけている社内用語「PG」を案件名に入れるなどして、検索しやすくしています。

都市ガスもプロパンガスも、配管するという観点ではある程度は同じ運用ですが、ボンベの設置、交換など工程が異なります。プロパンガスは配管部分やメンテナンス面を考慮してボンベを設置しなければいけないので、ボンベを運搬するスペースなど踏まえた提案が必要になります。そこに関しては経験値がないとなかなかできないところでもあります。

金子さん: プロパンガスのボンベ設置の際などは特に、職人さんが現場でスケールを当てて撮った写真をANDPADにアップしてくれるものを見ながら状況確認や相談ができるので助かっています。職人さんも手慣れたもので、ハンズフリーで電話をかけながら、お互いにANDPAD上の同じ写真を見て会話ができるので、以前に比べて電話の精度が上がり、現場に行かずに方向性を決めたりすることもできるようになっています。外構工事が関係する際も細かい注意点などのやりとりができて、現場も待ち時間がないので効率的ですし、職人さんにも喜んでいただけます。

また、私自身は都市ガス出身でプロパンガスの知識が浅い部分があるので、ANDPADに写真を入れてプロパンガスが得意な人を招待して、それを確認してアドバイスをもらうことも。知見の共有がしやすい環境になりました。

澤田さん: 日本ガス協会のものをベースにしたガス施工にまつわるマニュアルがあるのですが、非常に分厚く数も多いため常に持ち歩くことは難しい。そのため、よく使うところを抜粋してANDPADの社内共有用案件の資料フォルダに格納し、いつでも確認できるようにしています。

今後の課題と業務DXにおける展望について

都市ガスとプロパンガスそれぞれに専門性が高く複雑だからこそ、デジタルツールを活用することによって合併後の課題の一つであった双方の知識や経験値の底上げにも繋がった。また、知の共有がしやすくなったことで、社員教育にも時間をかけられるようになってきたという。今後、同社がさらにしっかりとデジタル活用を社内に浸透させていくために、操作マニュアル動画などによるサポートがより重要になると考えている。

金子さん: ANDPADのようなデジタルツールは、理論上は問題を解決する構造になっているはずです。ただ、デジタルが苦手な人にとっては、使い方が分からないとアレルギーになってしまうことも。そうならないようにするために、今後も手順を解説する動画によるサポートに力を入れていきたいですね。どんなに良いものでも使わなかったら宝の持ち腐れになってしまいますから。

弊社は専門的な仕事が多く、その分知識も必要不可欠です。こうした動画は1人の質問対応を全員で共有できる動画ナレッジとして配信する、社内版のYouTubeのような感覚ですね。SaaSなどのシステムやCADなどの操作方法も含めるとナレッジとして共有すべきものが社内には多くあり、全てを動画で解説することは難しくても、最低限操作方法のポイントを伝えることはできるかなと思っています。さらに上手に使いこなす工夫ができるかは個人の頑張りによりますが、動画は業務でデジタルを活用するための第一歩のサポートになります。

動画は新入社員の研修にも活用しています。例えば、新人研修のプログラムのなかでCADの操作方法を解説する動画を見てもらっています。昔からの社員でCADに触れるのは一部ですが、動画を見てもらうようになってからは営業社員でも全員CADに触れるようになっています。

動画製作は業務負荷が少なく属人的にならないよう、実際に使い方について質問された際にレクチャーしている様子を録画し、社内の共有サーバーに置く運用にしている。業務内にできるように、頑張り過ぎないことがポイントだ。現在、アップされている動画は約200本。事前に動画を見ることで「何がわからないのか」論点が明確になり、質問の質やコミュニケーションの粒度が変化。具体的な質問と的を得た回答ができるようになったという。

最後に今後ANDPADに期待することについて伺った。

澤田さん: 今はまだ使えていない機能もあるので、既存のシステムと連携してANDPADの機能をより使いこなしていけたら。これまで自身や設備工事チームとして実感してきたメリットを、全社に対してもっと広めていきたいですね。

金子さん: ANDPAD ONEやANDPADガイドなどで使い方や運用の工夫などをどんどんシェアしていただけると嬉しいです。それから、同じ業種や異業種でANDPADを使っているユーザーと意見交換して学び合える場があるといいですね。

導入時に職人への事前アンケートを実施し、押しつけではなく「一緒に」取り組む協働体制を築き上げ、現場での丁寧なフォローを行うことでANDPADを浸透させた同社。デジタルツールの活用によって、現場巡回にかかっていた移動時間削減や報告書作成業務の効率化などの工事管理業務の効率化を実現した。こうした業務の「見える化」によって、合併後の課題の一つであった都市ガスとプロパンガスの異なる工事における知識や経験値の底上げや、適切な評価によって社員のモチベーションアップにも繋がっている。さまざまな課題を乗り越えて進化し続けていく同社に、今後も注目していきたい。

左から、株式会社アンドパッド カスタマーサクセス部 石坂 亮輔、サーラE&L浜松株式会社 設備チーム 澤田 行秀氏、サーラE&L浜松株式会社 リビング開発チーム 金子 知寛氏

澤田様、金子様、インタビューの貴重なお時間いただきありがとうございました!

ANDPADのように親しみ慣れていないITツールは最初のハードルを越えることに労力を使いますので、導入後にどれだけ浸透できるかか重要なテーマだと感じております。

サーラE&L浜松様はそのテーマに対して協力業者様に現地で使い方をレクチャーされるなど工夫されており、地道なお取り組みが成功に結びついているのではないでしょうか!

今回のインタビューを受けて、ひたむきに向き合う大切さを再確認させていただきました。我々アンドパッド社員一同もユーザー様と向き合いよりよいサービスを提供できるよう努めて参ります。

最後に、ご期待/ご要望をいただきました活用事例のご共有は御社のカスタマーサクセス担当としてお任せください!

引き続きANDPADをよろしくお願いします!

サーラE&L浜松株式会社
https://www.salaenergy.co.jp/hamamatsu/
〒435-0044
静岡県浜松市東区西塚町200
代表取締役:諏訪 博
設立:2019年7月1日

取材・編集:平賀豊麻
編集・デザイン:原澤香織
ライター:金井さとこ
デザイン:森山人美、安里和幸
カスタマーサクセス:石坂亮輔