〜後編〜地方の中小鉄筋加工会社が少数精鋭で取り組むDX化への挑戦 / より良い仕事をするために、業界の構造負に向き合う

  • ANDPAD黒板
  • ANDPAD
  • 鉄筋
  • 少数精鋭
  • 粗利益改善

赤澤 栄徳氏
有限会社赤澤鋼業 代表取締役
父が創業し、代表を務めていた同社に2000年に入社。リーマンショック後の厳しい景況感のなか2009年より現職。全国鉄筋工事業協会の青年部では業界の発展の為、「魅力ある産業、誇りある仕事へ」をスローガンに全国の同志と共に活動している。

片山 大輔氏
有限会社赤澤鋼業 工務部長
高校卒業後、鉄筋加工会社に入社。その後独立し、一時期は他業界に携わる。その後、再度鉄筋加工業に携わりたいと思い、2012年に同社に中途入社。



1971年に設立し、香川県丸亀市を拠点に鉄筋加工業を展開する有限会社赤澤鋼業。業界全体の人材不足に加えて、コロナ禍による景気の悪化傾向やウクライナ情勢による資材高騰など厳しい状況を強いられるなかで、同社はデジタル化に踏み切り、少数精鋭の人員体制での生産性向上に取り組んでいる。そこで、代表取締役である赤澤 栄徳氏、工務部長 片山 大輔氏にインタビューを実施。前編では、同社の特徴や強み、鉄筋業界が抱える業界の構造負に対してどのように向き合っているのかについて伺った。後編では、IT化に踏み切った決断の背景、ANDPADによる運用でどのように生産性が向上したのかを深掘りしていく。

新3Kを実現すべく、デジタルを活用して生産性向上を目指す

元請企業側の知識の不足を、専門工事会社が自社の営業努力のなかで付加価値的にサポートしているという業界構造など、業界課題が山積しているなかで生き残っていくために、同社にはあらゆる面で業務の改善や工夫といった生産性向上に繋がる変革や進化が求められた。建設業界全体の働き方改革の流れを受けて同社も取り組んだものの、ハード面ではやり尽くしてしまい限界があった。

赤澤氏: 5人でやるべき仕事を2人でやっているような状況でした。打合せ、拾い出し、荷札作成、加工、運搬、組立、検査、残材引上げといった一連のシナリオのなかで、更なる生産性向上が求められるとなると、全ての現場で出ている人的ミスによる大きなロスをまずは減らすことが弊社の課題でした。

また、6Kと言われている業界ですが、新3K(給与・休日・希望)を実現しなければ建設業そのものが衰退してしまう。これは1社でどうこうできるものではなく業界全体の課題ではありますが、弊社にできることからやっていかなければならないと考え、社内のロス削減や働き方改革に着手することに。ANDPADを活用することでソフト面での改善が図れるのではないかという期待感がありました。

有限会社赤澤鋼業 代表取締役 赤澤 栄徳氏

こうして同社は、2021年9月にANDPADを導入。売上の10%弱のインパクトになる年間のコスト削減を目指すことになった。このコストは、拾い出し、加工、組み立て、手直しのフローのうち、削減可能な金額として算出したもの。苦境のなかで、6人の少数精鋭の会社がITに投資するという決断は、相当な覚悟だったに違いない。

赤澤氏: まずは「とにかくやろう!」と導入し、みんなで考えながら議論が活発に行われました。実際にANDPADを使ってみないと分からないので、まずは小物件から活用していき、徐々に案件を増やして浸透させていきました。協力会社は3班ありますが、導入時にハレーションが起こることはなく、現在100%ANDPADが展開できています。

(編集部注)一次鉄筋:ゼネコンや工務店から業務を請け負う鉄筋事業者/二次鉄筋:一次鉄筋から業務を請け負う鉄筋事業者

 

同社はANDPAD導入後、案件数、資料数、チャット数などが安定的に増加。特に資料数は1月から2月で4.5倍、2月から3月も1.8倍と高い伸び率に。運用方法においてどのようなことを工夫したのだろうか。

赤澤氏: Googleの位置情報、加工帳、図面の3点をANDPADに格納する運用にしました。以前は、位置情報をメッセンジャーアプリで一人ひとりに送っていました。事前にトラックが入るかの確認も私から片山に、片山から協力会社さんへ連絡していました。今はANDPADで案件に招待し、必要な情報にアクセスしてもらう運用になっています。加工帳と図面は、以前は材料搬入日かその直前に会った時に手渡ししていました。組立てる作業者は当日に初めて「こういうものを組まないといけないんだ」と知るわけです。今ではANDPADにアップしておけば事前に確認できるようになりました。作業の際にすぐ確認できるように最終的に紙ベースで渡す運用は以前とは変わりませんが、事前にANDPADで確認しておいてもらえて便利になったと実感するポイントですね。小物件に関してはできるだけコンパクトにし必要な書類のみをアップ。大中規模物件では元請企業様からの伝達事項、事前打ち合わせ、現場ルール、月一回の災害防止協議会の資料などが多く発生するため、情報や資料をANDPADに格納したあとはチャットや電話確認でフォローするようにしています。

こうして前段階で情報共有することによって後工程が段取り良く進み、ロスが発生する要因が潰せる。また、加工のミスによる現場への複数回の納品や、一本の鉄筋を追加するためだけに1時間かけて加工場から現場に移動する手間などが軽減された。少数精鋭の同社だからこそ、こうして業務を圧迫していたロスが解消されたことで、飛躍的に生産性が向上した。

業務効率化が実現し、ANDPADは「もう一人の社員」的存在に

ANDPADを導入して半年ほどが経過したが(取材時)、同社の業務にどのような影響を与えているのだろうか。

赤澤氏: 導入後半年で機能をまだ使いこなせていない点から考えると、ANDPADの活用度合いはまだ50点というところです。ANDPADを使うようになって新たにやることも増えましたが、段取りそのものはスムーズになったと感じています。

以前は、材料検査をする際に黒板に書いてその写真を撮っていましたが、「ANDPAD黒板」で黒板付き写真を撮影することで作業がスムーズになりました。また、鉄筋ユニットの構造耐力上、主要な部分として用いられる鉄筋と施工用の鉄筋の相互をスポット溶接により接合した部分の性能に関する評定があり、データや写真で鉄筋同士を断面欠損せずに圧着できていることを証明しなければならないのですが、以前はそのために写真を撮ってデータ化し、ExcelやWordに貼って資料として提出していました。今は写真を撮影後、ANDPADの写真出力機能を活用して写真台帳を作成し、報告書として提出しています。こうした作業が全てANDPAD内でできるので随分楽になり、とても満足度が高いです。

片山氏: 協力会社さんも、最初はログインに手間取っていましたが、使ってみたら楽だと感じてもらえました。今までは紙に記入した資料を渡していたので雨の日になると見にくかったり、現場が終わった時に資料を保管しておかなかったので後で見れなかったりしたのですが、ANDPADならそのまま手元にデータが残っているのでずっと当時の資料が見られるので便利です。

また、職長が現場で拾い出しの図面を忘れてしまっても、ANDPADで確認してもらえるようになって、運用が浸透していることを実感しています。以前、実際に若手の職長が忘れてしまったことがあって、現場の職人さんから収まりなどわからないことを聞かれた時にも、電話でANDPADに格納してある図面を一緒に見ながら説明できたので指示しやすく、とてもスムーズでした。

今まではメッセンジャーアプリに連絡しつつ電話でもフォローしていましたが、今では社内外で「言った」「言わない」が減った分、余計なストレスを感じることがなくなりました。メッセンジャーアプリは既読スルーされることがありますが、ANDPADはOKボタンがあってリアクションがしやすいのもいいですね。

段取りのための電話は従来の1割くらいに減り、「久しぶりに声を聞いた」という感覚になるほど(笑)。「位置情報を送ったから明日よろしくお願いします!」程度なら電話でもいいですが、現場での具体的な話は資料を見ながら確認しないといけないので、電話で話すよりもANDPADでやりとりする方がスムーズかつ確実ですね。

赤澤氏: ANDPADはもうひとりの社員のような存在。以前、ハローワークの方から「社員が仕事をするというのは、どの仕事であっても社長の代わりにしているということですよ」と言われたことがあり、問題意識を持っていても手の届かないようなところを整備する仕事をANDPADがしてくれたと実感したので、「もう一人社員が増えたな」と思っています。

少数精鋭を維持し、DXで更なる生産性向上を図る

厳しい景況感のなかでIT投資を行い、ANDPADによる運用が浸透してきた同社。今後デジタルの活用において目指していることについて伺った。

片山氏: 工事の修正が必要な箇所に対して、いかに先に気づけるか。若手社員や職人さんに現場を撮影してもらっていますが、都合のいいところだけ写真を撮影している可能性もある。これはやばいな、というところの写真を撮らず、それを検知できずに進めてしまってはいけないですし、誰が見てもダメなところを直さなければいけない。品質に責任をもって提供したいという気持ちが伝わりきらないところはまだまだありますが、まずはこちら側が背中を見せないといけない。必要な修正をしっかりと終わらせた状態で元請企業様にお見せできるようにしたいというのが、今後の課題です。

有限会社赤澤鋼業 工務部長 片山 大輔氏

赤澤氏: 1日1回アクセスして、あいさつと同じくらいANDPADを使うのが当たり前の世界を目指したいですね。社内外のコミュニケーションツールとなるのがANDPAD。デスクワークをしていると協力会社さんと意思疎通できているか不安だから現場に行くということもありますが、ANDPADならOKボタン一つで確認が取れて、写真の共有でしっかりと仕事ぶりも分かります。

会社としては少数精鋭を維持し、生産性を向上させていきたい。協力会社3班のうち1社は若い世代が多いので、ANDPADも積極的に利用してくれています。ANDPADを活用することでロスが減って利益が上がり、それに伴って給料が上がるというwin-winの関係性が一つの着地点ですね。

建設業界全体で新3Kの実現に向けて、「努力し続けること」、「耐えしのぐこと」、「前向きに考えること」が重要だと考えています。作業者が情報を見て自律的に動いていけるようになればいいなと思っています。こうした世界を実現していくために、いつになるかはわかりませんが、地方にBIMが入ってくることも期待したいところの一つですね。業界全体でみんなで一歩ずつ前進して変えていかないといけないと思うので、若い世代に「かっこいい!」と思われるように頑張っていきたい。業界が変革の時期と言われていますから、その流れにしっかりと着いていけるように、これからも日々頑張っていきたいです。

新3Kを実現してより魅力的な業界にしていくべく、少数精鋭ながら業界の構造負に対して正面から向き合い続けている同社。苦境のなかでもIT投資を行い、まずは一企業としてできることに愚直にチャレンジする姿勢には脱帽だ。同社のような志をもった会社が増えていくことで業界全体も盛り上がり、さまざまな業界課題も解決できるのではないだろうか。それを本気で実現させていくために、これからもANDPADはデジタル面でサポートしていきたい。

この度は取材の機会をいただきありがとうございました。

赤澤様との初めてのお打ち合わせはとても印象に残っています。赤澤様の会社を成長させたい、他社と差別化をはかり+αの価値を届けたいという想いに共感し、一緒に二人三脚で歩んでいきたいと心から感じた事は今でも忘れません。

導入当初はANDPADを利用する事に不安があったかと思いますが、赤澤鋼業の皆様がANDPAD活用における議論とどうやったら浸透していくかを本気で考えていただいたからこそ、ANDPADの価値が最大化され、現在100%の展開ができているのだなと感じます。

今回の記事を通して、赤澤鋼業様のANDPAD活用が、多くの悩みや課題を感じられている鉄筋企業様の力になると感じております。

今後もANDPADを活用する事で更なる価値を提供できるよう我々も尽力して参ります。

赤澤様とのお打合せにおいてはしばしば、「鉄筋業界は」「四国/香川は」という主語での会話が登場します。お打合せは、会社の業務課題や経営課題に如何にANDPADが寄与できるか、という地点から出発しますが、「鉄筋業界の」「四国/香川の」課題感の深堀を通じて、業界やエリアの現状や課題を見据える赤澤様の視野の広がりをお借りすることができ、いつもたくさんの学びをいただいております。

以前、赤澤様より、ANDPADを実際に運用する中で、具体的に役立ったシーンについて、簡単なメモを共有いただいたことがあり、この内容は私にとって本当に喜ばしいことでした。それは、日々の業務にきちんとお役立ちできているという点はもちろん、こうした本当に小さなステップの積み重ねを通じて、より遠く、業界課題の解決に繋がっているんだ、というささやかでも確かな実感を得られたからです。

そうした意味においても、今回の記事で赤澤鋼業様のご運用や赤澤様・片山様のお声を皆さまにお届けできることに喜びとその意義を感じています。

有限会社赤澤鋼業
〒763-0093
香川県丸亀市郡家町605
代表取締役:赤澤 栄徳
設立:1971年

取材・編集:平賀豊麻
編集・デザイン:原澤香織
ライター:金井さとこ
デザイン:森山人美、安里和幸
フィールドセールス:松木千晶
カスタマーサクセス:池﨑愼之介