〜後編〜現場監督不在で年間16棟の着工を実現する少数精鋭工務店のDX / 内装業から工務店への転身!

  • 注文住宅
  • 新築
  • 注文
  • リノベーション

土居 宏充氏
株式会社ハウス工芸社 代表取締役社長。大学卒業後、婦人靴メーカーの営業として勤務後、25歳の時に父が経営していた同社に入社。当時は内装業だったが、2007年に工務店として再スタートを切る。2013年より現職。



1979年に内装業として創業し、現在は大阪府・堺市を拠点とする地域工務店として、「家」という箱ではなく、「時間」という暮らしを提案している株式会社ハウス工芸社。注文住宅・新築一戸建て・デザイン住宅・リノベーション施工など幅広く手掛け、地域の暮らしを心地良く、豊かなものにしている。今回は、同社の二代目である代表取締役・土居 宏充氏に実施したインタビューを前後編でご紹介。前編では、内装業として創業した同社が地域工務店へ転身した経緯と現在に至るまでの歩み、同社の強みと地域工務店としてのこだわりについて紹介した。後編では、監督不在で年16棟の着工を実現する、少数精鋭工務店がどのようにANDPADを活用しているのか、ANDPAD導入後の社内外の業務の変化、今後の目標について伺った。

業務平準化のため、監督採用&ANDPAD導入

地域工務店として、お客様の理想とするライフスタイルを実現する家づくりに奔走してきた同社には、現在専任の監督はおらず、土居氏がその役割を担っている。監督不在で年間16棟の着工数を実現しているというから驚きだ。

土居氏: 以前は、住宅事業は私と設計担当の2名体制で、会長職に父、雑貨店の運営を妻が担当していました。設計以外の業務は全て私一人でやっていて業務が回らなかったため、2年前に営業事務、経理担当のパートを1名ずつ採用。扶養控除の範囲内での勤務になるので週1〜3日の出社で、業務サポートをしてもらうように。それでも、お客様に「現場管理をちゃんとやっているのか?」と問われた時に、自信を持ってイエスと言えるような状況ではなかった。下請け時代、元請の建築会社に対して「自分だったらこんなことしない」と思っていましたが、いざ自分がその立場に立ってみると、当時の監督ができなかった理由が理解できた部分もありました。お客様にご満足いただける家づくりをしていくためには視座を変える必要があると感じ、そうなると自分自身の仕事量的に無理が生じたので、監督を採用して現場を安定化させたいと思い、監督を1名採用しました。

株式会社ハウス工芸社 代表取締役社長 土居 宏充氏

また、業務平準化のため、監督採用と同時にANDPADも導入。デジタルツールを活用して現場管理をやらざるを得ない状況にすることで、今まで以上に仕事に対して責任感をもって取り組むようになり、それに伴い仕事の精度も向上。自信をもってお客様にクオリティの高い住まいを提供するための仕組みづくりを行った。

土居氏: 利益に関しては課題感を持っています。弊社の完工粗利率は約25%ですが、現状ではそれを30%にできる付加価値を自分自身が感じていない状態。価格を上げるのであれば、会社としてもっと力をつけて自分が納得してからだと思っているので、そこを目指すためにANDPADなどのデジタルツールを取り入れて、家づくりにおける付加価値を上げていきたいというのも導入の目的のひとつですね。材料費が上がっているなかで、職人さんとの発注業務のやり取りも見直していかなければならないと考えています。

ANDPAD導入における取組みと運用面の工夫

ANDPADを導入するにあたり、「使い方が分からない」、「さまざまな案件があって、現場名が見つけられない」といったデジタルが苦手な協力業者には個別にフォローアップを行い、協力業者に対して丁寧に使い方を説明していったという。業務連絡をANDPADで行う運用が浸透している現在は、ANDPADを活用しつつも、翌週の仕事の予定について職人に直接電話で確認をしている。

土居氏: なかなか写真をアップしてくれない職人さんたちに対しては、個別で、何日かかけてフォローアップを行ったりもしましたね。職人さんからは、「『ANDPADに資料一式入れてあるから、それを見てやってね』というスタンスで一方的なコミュニケーションの元請企業が多い」という不満の声も聞くことがあります。電話によるフォローはやりすぎだと言われることもありますが、私自身が下請けの経験もあるので、かけられるところまではやってあげたいと思っています。

職人さんには「作業開始」と「終了」の報告をしてもらっています。私たちが現場に行く回数は他社さんよりも少なく、1棟あたり上棟してから現場にいくのは6〜7回。スタッフが行く時も合わせると10回くらいなので、職人さんが毎日現場写真を上げてくれるのは非常に助かっています。単純に現場の訪問回数でいえば、会長はほぼ毎日着工現場で掃除をしていますから、そういう意味では当社ほど現場に行っている会社はないとも思いますね。

また、検査のタイミングなど細かくタスクに入れて管理しています。設計業務についても抜け漏れがあるとお客様にご迷惑をおかけしてしまうのでタスク化しています。地鎮祭の実施有無や、引き渡し前のライフライン手続きなど、お客様への連絡事項についてもタスク管理しています。完璧とまではいかないですが、最低限のタスクをこなさないことにはお客様が気持ち良く住んでいただける家づくりはできないと思うので、弊社、職人、お客様の三者をしっかり守るためにも、なるべくこちらからアクションするようにしています。

ANDPAD導入後の業務の変化について

新しく監督を採用し、業務の平準化と徹底した現場管理による付加価値を目指してANDPADを導入した同社だったが、ANDPADによってコミュニケーションが可視化されたことで、意外な結果が生じた。

土居氏: 新たに採用した監督には、職人さんとの連絡はANDPADチャットでやり取りしてもらう運用にしたのですが、実際は電話でのやり取りばかりで、頑なにANDPADを使ってくれなかったんですよね。おそらく、職人さんへの連絡やそのときの態度などを、私に見られたくないという気持ちがあったのかなと。職人さんに高圧的な態度をとっていて、協力的な関係性ができていなかったのでしょうね。会社に知られたくない内容というのは良いことではないのは明確だったので、従来の考え方から180度変えてほしいとお願いしましたが、従来のやり方を変えられないということで退職してしまいました。良くも悪くも、ANDPADを導入することで人間性や思惑が見えてくることもあるのだな、と思いましたね。

社外の職人に対しては、「ANDPADを使ってもらえなければ、仕事の依頼はできない」という強い覚悟を持った土居氏の丁寧なオンボーディングが実を結び、今までデジタルに苦手意識をもっていた年配の職人が、ANDPADをきっかけにスマートフォンを購入し、積極的に活用してくれるようになったという。十年来の付き合いがあり、従来の運用に慣れた職人が多いなかで、新しい運用に変更することはチャレンジングなことではあったが、そこまでやってくれるというのは、同社の取組みに協力したいという職人から寄せられる期待の表れあり、信頼関係があってこそ。ANDPADの活用がただ職人の手を煩わせるものではなく、顧客満足のために細かいこともしっかり把握しておく責任があるという土居氏の想いが職人の心を動かし、ANDPADの運用浸透を実現した。

土居氏: お客様とはメッセンジャーアプリでコミュニケーションをとっていて、そのグループチャットには大工さんも入っています。

ANDPADを使って現場管理をしているということはお客様にも伝えています。「職人さんも面倒くさがりながらもやってくれています」と、実際に画面を見せながら説明すると、「ちゃんとやってくれているんですね」と安心していただけます。お引渡しの際に、ANDPADにストックされている工事写真のデータを渡すと喜んでもらえます。

また、現在は広報担当のパートも加わり8名体制となっていますが、ANDPADチャットは全員で共有しているので、「言った」、「言わない」という認識の相違も減り、コミュニケーションがスムーズに。職人さんからチャットで連絡が入っても私が打ち合わせ等ですぐに返せない時には、「今打ち合わせ中なので、後ほど連絡します」と誰かがフォローしてくれています。あとは、何か確認が必要になった時に、ANDPADに入っている画像データから該当箇所を見つけて渡せたりもするので助かっていますね。

ANDPADによって仕事が増えたと思っている人もいれば、仕事がラクになったと思っている人もいるので、それぞれの立場によって感じ方はさまざまではあると思います。

地域のなかで価値ある工務店を目指す

デジタルを活用しながら少数精鋭の人員体制で、自信をもってお客様に住まいを提供できる土壌が形成された同社の挑戦は続く。今後は家づくりだけではなく、土地購入から引き渡し後のアフターフォローも含めたワンストップサービスの提供を目指す。

土居氏: 企業規模が大きくなるほど品質を保つのは至難の業だと思っているので、棟数を増やしていくイメージはありません。その分、堺市南区では価値のある工務店になりたい。「南区ならここに頼もう!」という会社となり、地場産業にしていかなければならないと考えています。大手とは違って地域工務店は付加価値がないと生き残っていけないので、エリアで選ばれるような存在になっていけたら。だからこそ、今後は不動産やリフォームなど多岐に渡るサービスを展開して、地域の方々の暮らしをサポートしていきたいです。

「雑貨KITOKITO」にて

ANDPADによって営業、設計、現場管理に関する情報の一元管理を行うことで、監督不在ながら年間着工棟数16棟を可能にしている同社。お客様の理想のライフスタイルの実現のために、デジタルを活用した妥協のない家づくりをすることで、着実に付加価値は向上している。今後も地域工務店としての責任を果たし続けていくことで、同社は地域にとってなくてはならない唯一無二の存在になるだろう。

この度は、インタビューへご協力いただき誠にありがとうございます。

ご導入いただいた当初より、「ANDPADを導入することで少数精鋭の組織をさらに目指していきたい」という理想を掲げていらしたと思います。

運用開始後の定期打ち合わせの際や、今回の取材時にもお伺いした「よくも悪くもその人の働き方やコミュニケーションの取り方が浮き彫りになった」というお話が大変印象に残っております。ANDPADの利用向上に向けた施策の立案とその発信、また土居社長自らが実施されたANDPAD講習会など、社内や協力業者様と真摯に向き合う姿勢は、経営者として、推進者として、誇るべき姿であり、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

また、ANDPADを通じた業務効率化や生産性向上の結果を、お客様への価値拡大に繋げてくださっているという点も、小規模工務店様のDXの成功事例として印象的な点だと思います。

「同じ規模の工務店の事例となり、牽引していける存在になりたい」とおっしゃっていた土居社長の、今後の新たな取り組みをANDPADを通じて継続的に支援させていただきたく存じます。これからも一緒に走っていきましょう!今後ともよろしくお願いいたします!

株式会社ハウス工芸社
https://www.house-kougeisha.net
〒590-0106
大阪府堺市南区豊田1749
代表取締役:土居 宏充
創業:1979年

取材・編集:平賀豊麻
編集・デザイン:原澤香織
ライター:金井さとこ
デザイン:佐藤茜
カスタマーサクセス: 松本知恵