〜前編〜ANDPAD HOUSEプロジェクトレポート#03 中間振り返り座談会 /BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業

  • 注文住宅
  • 戸建て
  • 新築
  • 注文
  • BIM
  • ANDPAD HOUSE

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授
小林 博人氏(設計者)

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任講師(有期)
石澤 宰氏(BIMアドバイザー)

株式会社小林・槇デザインワークショップ ディレクター
川田 太士氏(設計者)

DN-Archi 
茨田 一平氏(構造設計者)

株式会社長谷萬(施工者)
開発本部本部長兼商品開発部長 鈴木 康史氏
積算部 高木 俊太氏

株式会社アンドパッド
彌冨輝彦・穀田あずさ(施主役)
今井亮介・曽根勝卓(PM)

※括弧内はプロジェクトにおける役割を記載。

2021年1月、アンドパッドが施主となり実験住宅の設計・施工を通して「数年先に実現する設計・施工のDX」を先行して実証するための産学連携プロジェクト「ANDPAD HOUSE」がスタートしました。本プロジェクトを通して、BIMとANDPADが効果的に設計・施工プロセスのDXに寄与することを検証し、木造建築・住宅におけるBIM活用の効果と知見を深め、共有していくことを目指しています。
プロジェクトの概要はこちら↓
https://lp.andpad.jp/2590/

今回は、ANDPAD HOUSEの企画から実施設計までを終えた段階で、各分野のプロフェッショナルの視点から、ここまでの感想や従来との建設プロセスとの比較、施主視点で本プロジェクトを通じて感じたことなどについて振り返りを行いました。

従来のプロジェクトと比較したプロセスの違い

今井:現段階で、本プロジェクトは企画から実施設計まで終えたところですね。皆さんはこれまで同等規模以上のさまざまなプロジェクトに関わっていらっしゃいますが、従来に比べてコミュニケーションやプロセスの違いを設計視点、施工視点、PM視点それぞれの立場で教えていただけますか。

株式会社アンドパッド 今井亮介(PM)

小林氏:設計のメイン担当である川田とはフルリモートでやりとりをしているのですが、敷地にも行かず、お施主にも会わない状態で実施設計まで終えたのは初めてのことです。そのなかで、違和感を覚えたり歯痒い思いをしたことは一度もなく、凄く面白いと感じています。コロナ禍でオンラインツールにも慣れていたので、そういう意味ではタイミング的にスムーズに進めらたというのもあると思いますが、それでも通常お施主様とリアルに会わずに契約をするというのはあり得ないことなので、打ち合わせを重ねることである種の信頼関係が生まれるところは発見でした。
通常設計をする際には、模型を作成してお施主様に確認していただく段取りで進めますが、それをデジタルの3Dモデリングで空間体験をしてもらいながら検討をして、その空間をプロジェクトメンバー全員で共有することも十分できているのではないでしょうか。通常のプロジェクトでも想像と違ったという誤差は必ず出てくると思いますので、これから検証させていただきたいところではありますが、総じて違和感なく進んでいるという感覚です。

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授 小林 博人氏(設計者)

川田氏:一つは、元々繋がりや面識があるメンバーが多かったことがコミュニケーションをラクにした要素かなと。あとは、普段対面のプロジェクトの場合、会議が終わった後にちょっとした雑談があって、その会話のなかで気づくことであったり、お施主様の人となりをより詳しく知るということができていたのですが、完全リモートでやっているとそういうコミュニケーションがなくなるので、もう少し良いやり方があるのかなと思いました。

株式会社小林・槇デザインワークショップ ディレクター 川田 太士氏(設計者)

今井:リモートの場合、時間の意識が強くなって、移動時間なしでミーティングが詰まっているということもありますからね。オンラインで繋ぎっぱなしでおしゃべりするというのはなかなか難しいことも多いので、リモートコミュニケーションの課題かもしれません。では、構造設計者として茨田さんはいかがでしょうか。

茨田氏:まず最初に、設計段階でお施主様に会うことは滅多にないのでそれが結構大きかったです。設計する上で、お施主様と会話しながら進めることでイメージを共有できたので設計しやすかったですね。

DN-Archi 茨田 一平氏(構造設計者)

今井:茨田さんの場合は、通常意匠設計者とコミュニケーションを取ると思うので、そういう意味では打ち合わせの時間などが増えていると思うのですが、物理的に時間が増えていることに関してはどのように評価していますか。


茨田氏:ものづくりをする上で、一つのイメージに向けてみんなで走った方が良いものができると思うので、そのイメージを共有できるという意味では、有意義に時間が使えたと思っています。ある意味オンラインミーティングのズルいところですけど、会議に参加しながら他の作業ができるというのもあるので。


今井:なるほど、「他の作業ができる」というのは盲点で、たしかにオンラインMTGならではの利点ですね。では、最後に鈴木さんは施工視点でいかがでしょうか。


鈴木氏:設計者の方がいらっしゃるプロジェクトで、われわれ施工者が初期段階から入れるというのがまずないプロジェクト形態ですので、非常に新鮮で有意義だと思いました。今回のようなお施主様を中心にいろんなプロフェッショナルの方々がそれぞれの専門性を価値として提供するやり方として、リモートは非常に馴染んでいるなと思いました。先程川田さんから、リモートだと雑談がなく会議の余韻がないというお話がありましたが、逆に言うと、凝縮した時間でそれぞれの専門性を発揮する方々が集まれて、最初から最後まで専門性を発揮していける環境をつくれるというのは、まさにリモートならではなのではないかと思っています。
最初今井さんからフルリモートでのプロジェクトというお話を聞いた時は、正直半信半疑な部分があったのですが、リモートだからこその制約が商談を深める上でプラスに働いている部分もあるのかなと。モニターを介して説明するとなると、わかりやすくきちんと説明しなければならなのでこちらも事前準備しますし、AとBからご選択いただくことを常に意識していくので、通常の商談よりも後戻りがありません。
また、施工のECI(Early Contractor Involvement)の観点では、最初から生産の観点でコミュニケーションできたので、リモートというやり方は非常に役に立ちました。

株式会社長谷萬 開発本部本部長兼商品開発部長 鈴木 康史氏(施工者)

今井:設計者である川田さんと茨田さんは、設計のタイミングで施工者とコミュニケーションできた点についてはいかがでしたか。


川田氏:施工的な視点を入れていただくことで、後のコミュニケーションも良くなりますしね。一番の良さは調達の話を早めにできたというのは大きかったですね。特に構造材のところの調達の話が早い段階でできて、しっかりと調整できたのは良かったです。


茨田氏:ウッドショックがあったので、その対応は他の案件よりスムーズに進められた印象ですね。


鈴木氏:ご指摘の通り、最新の状況を設計者・構造設計者の方に共有できたので、突発的な出来事にも臨機応変な対応ができたと思います。


今井:それだけで今回のECIの価値を出し切っているかもしれませんね。曽根勝さんは途中からのプロジェクト参加になりましたが、PMとしていかがでしたか。


曽根勝:ゼネコンで現場監督をやっていた経験からすると、最初は「BIM×住宅」というのがピンとこなかったのですが、やはりBIMでやるほうが施主の理解も深まって、先程の話にもあった構造材などにも繋がって、凄く良いプロジェクトだと思いました。

株式会社アンドパッド 曽根勝卓(PM)

今井:確かに、リモートによってスペシャリストを集めることで、意思決定が圧倒的に早かったと思います。正しい情報を適切なタイミングですぐインプットできて、しかもそれがリアルタイムでできるというのが、BIM関係なく、圧倒的な価値だと認識しています。

施主視点から見たリモートによる家づくり体験

今井:では、施主役の二人は初めての家づくり体験前半を終えて、印象に残った体験やエピソードはありますか。


穀田:私は、空間把握能力が高くないので図面とデザインを見てイメージがつかず、動線設計をしている時になかなかイメージが湧かなかったのですが、川田さんがそれを汲み取ってくださって早い段階で立体的に見せてくださったので、それからは議論がしやすかったです。逆に今までのお施主様はすごい判断能力だなと思いました。

株式会社アンドパッド 穀田あずさ(施主役)

今井:そこがなかなかイメージできずに進んでしまって、後々クレームになったりするのが住宅業界ではよくあるんですよね。彌冨さんはどうですか。


彌冨:こちらから要望を提示しただけで、そこから川田さんがレイアウトを引いて、いくつかのパターンを3Dで提示していただいて確認ができたので、早い段階から具体的な家の雰囲気やレイアウトをイメージできたので合意しやすく、そこから詳細の間取りの話ができたので安心感がありました。オフィスミーティングという仕事としての使用目的というのもあったのでイメージしやすかったというのもありますね。

株式会社アンドパッド 彌冨輝彦(施主役)

穀田:オンラインでやっていて、素材とかをショールームに見に行くというのを実際にやっていないので、実物を見た時との色味の違いがどのくらいあるのかというのがちょっと心配ですね。


今井:素材については、今後仕上げ確認パックを送っていただいて確認していただくので、内装仕上げに関しては実物を確認できるかと思います。


彌冨:それは良いですね。現地まで足を運んで敷地を実際見ていたので、個人的にはミーティングで3Dを見せていただいていたよりは敷地が狭く感じましたが、現段階でそのギャップは感じられたので、頭の中のイメージ差分は補えたのかなと思います。

本プロジェクトから得られた知見と汎用性について

今井:今回は、所謂非住宅に近い設計・施工分離の体制で進めていますが、通常の2000〜3000万円の住宅を設計するというプロジェクトだった場合に、どんな点が今回の要素から活かせそうでしょうか。


川田氏:今お話いただいていた3Dモデリングは、近年比較的時間的コストが小さくなってきているので採用はしやすいかと思います。そういう意味では、BIMでやるということ自体も同じかなと。2000〜3000万円の住宅であっても同じ方法でやることは可能かなと思います。


鈴木氏:ANDPADに情報を蓄積させていけるというバックボーンがあるから可能なのかなとは思っています。当社が販売している住宅でもできると思いますが、一度共有した情報をお客様が気軽に閲覧できるような環境がないと面白くないと思いますし、BIMのようなビジュアルをご提示できるようなツールを使えば、通常の打ち合わせよりも労力は少ないかなと思いました。


小林氏:彌冨さんがおっしゃったように、現地で敷地を見た時に狭いと感じたというのは、CGで見ているのと実空間とのギャップの話だと思うんですね。多かれ少なかれ必ずそういうことが起こります。従来のやり方でも同じ問題は起きますが、設計者・施工者はこの仕事が終わったら去りますが、お施主様はそこから使い始めるわけですよね。いかに納得をして、自分も関わったという思いをたくさんもって“自分ゴト”にしていくほうが幸せなはず。
そこはバーチャルでやることの難しさでもあると思うのですが、要は現場とか空間をあまり体験せずに引き渡されるというプロセスになることが十分考えられるので、そのギャップをどうやって埋めていくのか大切な問題だと思います。バーチャルで効率的に進めていくことはいいことですが、もしこの先にVRのようなものを使いながら空間体験ができて、“自分ゴト”になったらいいですよね。この先のプロセスとしては、もっとこういうことが必要になってくると思います。かといって、「現場に足繁く通ってください」と言ってしまうと今までと同じプロセスになってしまうので、そこはこれから工夫が必要かなと。


今井:そういう意味では、今回現場でセーフィーやドローンを駆使してリモートでリアルなものが出来上がっていくのを感じていただきたいので、イメージと実物とのギャップをぜひ楽しみにしていただきたいですね。

後編では、住宅スケールのプロジェクトにBIMを取り入れた感想や、BIMとANDPADの相性について議論を深めていきます。
後編はこちら
https://one.andpad.jp/magazine/2535/

取材:今井亮介
編集:金井さとこ