〜中編〜ANDPAD ONE CONFERENCEの総括

  • CONFERENCE2021

三浦祐成(みうら・ゆうせい)
株式会社新建新聞社代表取締役社長。新建ハウジング発行人。
1972 年山形県生まれ、京都育ち。信州大学卒業後、株式会社新建新聞社(本社:長野市)に入社。
新建ハウジング編集長を経て現職。ポリシーは「変えよう!ニッポンの家づくり」。「住宅産業大予測」シリーズなど執筆多数。住宅業界向け・生活者向け講演多数。

稲田武夫
株式会社アンドパッド 代表取締役

慶應義塾大学経済学部卒業後、株式会社リクルートにて人事・開発・新規事業開発に従事。
2014年アンドパッド(旧:オクト)設立、「現場監督や職人さんの働くを幸せにしたい」という思いで、建築・ 建設現場の施工管理アプリANDPADを開発。スマートフォンを中心に、利用社数6万社、ユーザー数17万人が利用するシェアNo.1の施工管理アプリに成長。全国の新築・リフォーム・商業建築などの施工現場のIT化に日々向き合っている。Forbes JAPANの「日本の起業家ランキング 2021」にてBEST10に選出。

本セッションは、ANDPAD ONE Conferenceの総括として、株式会社新建新聞社 代表取締役社長であり、『新建ハウジング』発行人の三浦祐成氏に各セッションの内容を踏まえてDX元年の概論を解説していただき、1日を振り返りながら住宅DXの可能性についてディスカッションを行った。
中編では、三浦氏のプレゼンテーションを受けて、今後の住宅業界のあり方についてより深く考察していく。

前編はこちら
後編はこちら

2021年はDXに踏み切る絶好のチャンス

稲田: まずはじめに伺いたいのが、「住宅DX元年」に、例えば先ほどのYouTubeにトライしてみようと試行錯誤のエントリーができる人もいれば、担当者様はやりたいけど経営者様がなかなかできないとかさまざまなケースがあると思うのですが、そこに何か示唆があれば。

三浦氏: 経営者が何を取り入れ、どういう決断をするのかにかかっているわけですが、国の施策としてデジタルを強化すると宣言していますし、コロナ禍でお施主様が家でいろいろな情報を調べるようになった。つまり外堀が埋まっている状態なのです。タイミングってとても大事で、今年は絶好のチャンスだと思いますね。

YouTubeインパクトの先に生まれるネットワーク

稲田: 外部環境の変化もそうですが、経営者に向けたチャンスと機会の情報量が多すぎますよね。YouTubeの件を聞いて思ったのですが、同じような物差しがYouTubeのなかに出てきた先に、YouTubeまわりの集客はどうなっていくと思いますか。

三浦: 先行者利益があるので、先行してツールを使いこなした人が瞬間的には伸びて勝ちますが、みんなが使うようになったら質が問われて、より人間力勝負になってくでしょうね。YouTubeは可視化ツールであり、人間力やプロフェッショナル性を可視化するというか、にじみ出ちゃう。
そういう意味では、ちゃんと問題解決を提示できるような工務店の経営者にとってはこんないいツールはないんじゃないかなと。まさにANDPADもそうだと思いますが、データの蓄積はこれから機能するのではないでしょうか。

稲田: 1回商談した後に、「YouTube見ておいてください」っていう手もありますよね。例えば、YouTubeで集客できるけど、自分のエリアではないお客様がいっぱい来てしまうことも考えられますよね。そこで、新しい工務店のネットワークのあり方として、1個のフレーム軸で共感したコミュニティが工務店の世界にできてくるのではと思ったのですが、いかがでしょうか。

三浦氏: 全国から問い合わせがきているYouTuber工務店様は、仲間に紹介しているそうです。家のつくり方や思想が共通している仲間としての新たなネットワークは生まれてきていて、今までのフランチャイズとは全く違うネットワークになる可能性があると思います。これからDXによっていろいろな繋がりやネットワークが生まれていくでしょうね。

稲田: フレーミング軸を定義し続けるというか、自然発生的に生まれてくると思うのですが、カテゴライズしていくのもメディアの役割になっていくのかなと。今日のセッションは、全てお施主様が聞くことで新たなニーズや市場が生まれる可能性を凄く感じますよね。

「プロ施主化」におけるプロセスエコノミーの重要性

三浦氏: この10年でお施主様と業界の距離感がだいぶ変わったような気がします。今までお施主様に見えなかったブラックボックスがどんどんなくなり、お施主様と住宅会社様との距離が一部縮まることで、より不信感も増して対立構造も生まれてしまう。施主が賢くなればなるほど、実は分断が起きやすくなるし、信頼を獲得するためのコストが上がっていく印象があります。なので、とことんブラックボックスをなくすしかなくなるというのがプロセスエコノミーの話と重なるところで、そこを手間なくやるにはDXしかないんですね。ANDPADのなかにあるデータをいかに信用、信頼獲得のために使っていけるかも、これからの大きなテーマだと思っています。

稲田: まさにプラットフォーマーとしての期待という観点で、そこを示唆いただいているということを強く感じています。これまで、現場監督をいかに働きやすくしていけるかという観点で、お施主様とのやり取りを強め過ぎると逆に仕事が増えるのではと、迷いながらもお施主様との共有機能をつくっていたのですが、コロナ禍ではそのニーズが凄く上がっているのを感じています。プロ施主化していくなかでプロセスエコノミーとのコラボが凄くいいというお話がありましたが、フレーミングしきった先にこのコラボが重要になってくると思いました。

三浦氏: その文脈でいうと、正直、住宅会社様も全部オープンにしたいわけではないと思うんですね。階層を設けて、どこまでをお施主様が見えるようにするかなど、コントロールしやすいシステムがコミュニケーションツールとして活用されていく気がしています。

建築DX時代に生き残る会社とは?

稲田: では、違う切り口でお話させていただきたいのですが、「建築DX時代に生き残る会社とは」という、敢えてこのテーマに絞るとどんなポイントがありますでしょうか。

三浦氏: 施工的な話だけで言うと、良いものを、安く、早くつくれる会社が生き残ると思っています。
今足元で住宅予算が落ち始めていて、スケールメリットを活かして住宅予算の低減に対応できるパワービルダー様やローコストビルダー様の勢いが増しているなかでも、地方の住宅会社様や工務店様は品質を下げるわけにはいかない。いかに品質落とさずに安く、早くつくれるようになるか、そこは標準化やDXも含めて課題があります。

ベタな例ですが、トヨタの強さは、みんなで一緒にどうやったら良いものを安く早くつくれるのかを考えていこうというスタンスで、「カイゼン」と呼ばれる取り組みをしているから。まさにアンドパッドさんがやられようとしているコミュニティやラボ的な取り組みにもそんな可能性があると思っています。より良いものを、より安く、より早くつくるためのアイデア、そのためのDXをみんなで考えていけるようになれば、こうした課題により貢献できるのではないでしょうか。

稲田: 非常にありがたいです。お話を伺っているなかで、数年前も「ホワイト工務店」というテーマでご一緒した時代から、業界で語られているテーマはあまり変わっていないですよね。そして、この環境においていよいよやるべきであるという意味で、DX元年なのだと思いました。

三浦氏: 今まで積み残しの課題を一気に進めるという意味でも元年だと思いますし、この先市場環境が厳しくなるなかでどう持続していくかをより考えるという意味でも元年だと思います。両利きの経営みたいなもので、今やっていることの深掘りと新しいチャレンジ、今経営者に問われているのはその両方なのです。

稲田: その中心になるのは、デジタルということですよね。プロセスエコノミーを広げることによって、職人様や現場監督様などの働き方の定義だったり、そもそもの役割の定義が変わってくるのではと思いました。この業界のあるべき働き方やあるべき環境が、プロセスエコノミーでもしかしたら生まれるかもしれないと思うのですが、いかがでしょうか。

三浦氏: 今まで現場で働いている人って見えなかったじゃないですか。その代表が現場監督様や職人様。そういう方々が重要な役割を果たし、しかも働いている姿がかっこいいとか、コミュニケーションもしっかりしてくれるとわかればヒーロー化する余地があって、それって働きがいとイコールになるような気がします。
プロセスを見せることはリスクもありますが、逆にプロセスを自信を持って見せられる会社は強いし、DX、プロセスエコノミーは働いている人のやりがいにも繋がるのでは。

プラットフォーマーとしてのANDPADに期待すること

稲田: なるほど。最後に、今日はANDPADをテーマにさまざまなセッションがあったのですが、プラットフォーマーとしてのANDPADに期待しているところをぜひお願いします。

三浦氏: 一言で言うと、ANDPADがつくられている基盤ですね。今日さまざまなセッションをとおして、現場を中心とした基盤の上に、これから載っていくものがイメージできました。プラットフォームの上に、サービス、情報、システムが載って、新しいサービスのあり方となるような基盤にANDPADが育っていくビジョンが見えたので、そこに期待しています。

稲田: ありがとうございます。では、この後は後編です。CONFERENCE全体を振り返ったざっくばらんなお話をしていきます。

後編はこちら

社名:株式会社新建新聞社
https://www.shinkenpress.co.jp/
所在地:長野県長野市南県町686-8
創業:1949年(昭和24年)4月
代表取締役社長:​三浦祐成

ライター:金井さとこ
編集:平賀豊麻