〜前編〜ANDPAD AWARD 2021 受賞ユーザーインタビュー / ANDPADリーダーユーザーに会いに行ってみた! 「リフォーム総合賞 社内ユーザー部門」全国第1位 編

  • リフォーム
  • 水回りリフォーム
  • 増改築リフォーム
  • 外壁リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • ANDPAD引合粗利管理
  • 社内メモ
  • チャット
  • ANDPAD
  • 顧客体験
  • 横断工程表
  • Google Calendar連携
  • 稼働管理
  • ANDPAD AWARD
  • CX
  • GX

齋藤舜氏
株式会社ミタカ工房 施工事業部 工務長。大学卒業後、新卒第一期生として同社に入社。3年半営業として従事した後、現在の部署に異動。現場管理担当として、50万円以上の案件を担当している。

 



本企画では、「ANDPAD AWARD 2021」の各部門の受賞者に会いに行き、仕事へのこだわりやANDPAD活用術などを教えていただきます。今回は、「リフォーム総合賞 社内ユーザー部門」で見事1位を受賞された、株式会社ミタカ工房 施工事業部 工務長 齋藤舜さんのインタビューをご紹介いたします。

同社は、群馬県前橋市を拠点に創業43年を誇るリフォーム会社として、水まわりからフルリノベーションまで幅広いリフォームを手掛け、地域の方々の暮らしをサポートし続けていらっしゃいます。ANDPADは2018年よりご導入いただき、現在は工程表による現場管理と引合粗利管理をご活用いただき、業務最適化を実現されています。前編では、齋藤さんに仕事をする上でのこだわりや心掛けていること、ANDPAD浸透のための工夫などを伺いました。

運用構築に取り組み、ANDPAD運用が“当たり前”に

――改めまして、「ANDPAD AWARD 2021 リフォーム総合賞社内ユーザー部門」1位受賞、おめでとうございます! 受賞について社内の方から反応はございましたか。

齋藤さん: 当社では当たり前のようにANDPADを使う文化が根付いているので、周囲からは「そんなに使っているんだね」というような感じで、意外とあっさりとした反応ではありましたね(笑)。

株式会社ミタカ工房 施工事業部 工務長 齋藤舜氏 (左)株式会社アンドパッド 社長室コミュニティマネージャー兼ANDPAD ONE Director 平賀豊麻(右)

――なるほど、約3年以上前から運用構築に取り組まれている貴社ならではですね!
では、齋藤さんがご担当されている業務内容と、普段の1日のお仕事の流れを教えてください。またANDPADをいつ、どのような目的で、1日の業務の中で使っていらっしゃいますか。

齋藤さん: 工事の現場監督として、主に50万円以上のリフォーム工事を担当しています。毎月10−15件ほどの案件の工程表を作成しており、お風呂の工事だと大工程8−9程度のボリュームの工程表を作成しています。私は職種によって大工程を分けてつくっています。また工事するお部屋によっても分け、職人さんからいただく完了報告と併せて、上げていただいた写真を確認して検収として完了報告を自分でして工事進捗を見えるようにしています。

齋藤舜氏 株式会社ミタカ工房 施工事業部 工務長

齋藤さん: 1日の仕事の流れとしては、現場のスタート時間は9時なので、毎朝8時半には現場に到着してお客様にご挨拶するようにしています。それから、ANDPADを使って職人の方々に工事の説明や指示出しを行ったり、自分の業務の流れの確認や見直しをしています。その後、午前中に別の現場があれば移動して同じ流れで進めますが、ない場合は、ANDPADで発注を済ませたり、工程表を確認しながら電話したりする時間に充てています。午後も同じ流れで現場立ち会いを行い、18時頃に帰社。そこからANDPADの横断工程表を確認しながら自分自身の業務量の確認と調整、発注確認などの事務作業を行います。毎週金〜土曜日には、次週のスケジュールも確認していますね。

事前の現調でエビデンスを残してミスコミュニケーションを防ぐ

――現在のANDPADの運用に至るまで試行錯誤もあったかと存じます。貴社でご導入されてから齋藤さんが工夫されたことや、取り組んだこと、また心掛けていらっしゃったことを教えてください。

齋藤さん: 上司と話し合いながら、誰かが良い使い方をしていたらそれを共有して取り入れたりしていくうちに、段々と統一されてきて今の形になりました。

私が営業にお願いしているのは、社内メモの活用です。社内限定で共有することができるので、見積もりの内容精査ですとか、お客様対応に関する引き継ぎ事項なども共有しています。営業と工事の行き違いをなくすために、営業がお客様と打ち合わせした内容も議事録として記入するようにしています。

また、営業には、社内メモと併せてANDPADの概要欄にも記入してもらっているので、そこを見ながら漏れがないか確認を行います。

仕事をする上で心掛けていることとしては、現調の際はANDPADで写真に直接文字を書き込んで共有するようにするようにしています。どうしても文字だけだと分からない部分も出てきてしまいます。例えば、正面といっても人によってどこが正面になるかは変わってくるので、曖昧になりそうな部分は写真に絵や文字を書いて共有するようにしてミスコミュニケーションが発生しないように心掛けています。

 

 

――50万円以上の案件を担当される監督として、特に大事にされていることを教えてください。また、少額の案件と50万円以上の案件で切り分けていらっしゃるポイントなどはございますか。

齋藤さん: 少額の工事であればある程度工期の予測はできるのでそこまで大幅な遅れが生じることはないのですが、50万円以上の工事の場合は工事の範囲も広くなり難易度も上がるので、いざ工事が始まってから追加工事が必要になることも。何かあった時にすぐ対応しないと工事が遅れてしまうことがあるので、現調を一番大切にしています。お陰様で毎日忙しくさせていただいていて職人の方々もフル稼働してくださっているので、何かあった時に職人さんを手配するのが難しいという場合もあります。だからこそ、事前確認が一番大切ですね。

後編では、ANDPADの引合粗利管理と施工管理を活用したコミュニケーション体制の構築について伺いました。リーダーユーザーの知恵の詰まったTIPSに迫ります。

株式会社ミタカ工房

https://www.r-mitaka.com

〒371-0007

群馬県前橋市上泉町1163−2

代表取締役:北屋敷 司

設立:1998年6月

取材・編集:平賀豊麻
編集・デザイン:原澤香織
ライター:金井さとこ
デザイン:安里和幸