ANDPAD CUP中間レポートVol.3 / ~後編~ANDPADの利用における拠点間のばらつきを無くし、利用平準化への取り組み/予実情報の入力をANDPAD横断マイルストーンに変更!拠点社員の事前入力率100%を目指す!

  • 注文住宅
  • 新築
  • 注文
  • リフォーム
  • 横断マイルストーン予実管理
  • ANDPAD
  • ANDPAD CUP
  • 着工枠管理
  • 工期

西崎宏志氏
工務部 取締役 部長。高校卒業後入社し、同社一筋。現場監督として手掛けてきた住宅は200棟以上にのぼる。現在は、合同会社絆工房ヤマサでの職人育成にも携わり、住宅施工に関する深い知見を活かし若手育成にも注力。

郡山憲司氏
工務部 施工技術開発・業務統括・積算課 課長。大学卒業後、新卒入社。設計業務を経験した後、開発部門に異動し、新商品開発や施工技術開発などに携わる。

篠田秀明氏
工務部 施工技術開発・業務統括・積算課 施工技術開発・業務統括・積算チーム。住宅会社を経験後、同社に中途入社。入社7年目。積算業務、商品企画を経て、現在は工務の業務改善、社員大工育成に携わる。



前編に引き続き、鹿児島県で70年以上に渡り、郷土の気候風土に合わせた家づくりに取り組み続けているヤマサハウス株式会社の取組みについてご紹介します。同社は、桜島の火山灰の対策として独自の遮熱システム「屋根遮熱住宅:さえぎる君」の特許取得し、地域性に特化した工法も牽引し続け、地元の方々からの信頼も厚い会社です。2019年にANDPADをご導入いただきましたが、拠点によって運用に差が生じていたため、全ての拠点で平準的に利用ができている状況をつくり、現場でのミスやトラブルに積極的に対応できる情報管理体制をつくることを目指して「ANDPAD CUP」を共催することになりました。そこで、中間報告会を終えたところで、同企画を推進している3名にインタビューを実施。前後編でお届けします。後編では、「ANDPAD CUP」を実施し、中間報告を終えて感じている手応えと今後の意気込みについて伺いました。

取り組みをスタートさせたことによる変化

――「ANDPAD CUP」をスタートされてから、現段階で社員のANDPAD使用率90%を達成されています。各拠点の監督の方々に変化はございましたか。

西崎氏: 従来は1時間以上かかっていた品確会議の時間が大幅に短縮されました。以前は、着工前に確認ができていない項目があり問題が発生することが多かったのですが、ANDPADを活用することで確認漏れがなくなり、その分時間のロスがなくなりました。以前より物件に対する関心が高まり、問題点に早く気づいて早期対応できるようになったのだと思います。

工務部 取締役 部長・西崎宏志氏

郡山氏: 元々は、従来利用していたシステムから予実情報をエクスポートしてExcelに入力していましたが、Excelデータが壊れてしまうこともあって、会議の場で正確な情報が共有できないということもありました。ANDPADの横断マイルストーンに運用変更してからは、データに誤りがあった場合でもすぐ訂正できるのも便利ですね。

また、なるべく最新情報を更新しようとすると会議前に作業が集中してしまい、誰かがデータを開いている間は待たなければならず、とても非効率でした。ANDPADはデータが即時更新、共有されるので、必ず同じものを見られるようになり効率化が図れています。

工務部 施工技術開発・業務統括・積算課 課長・郡山憲司氏

中間報告会で感じた確かな手応え

――先日、中間報告会を終えましたが、現時点での結果についてはいかがでしょうか。また、社内ではどのような反応がありましたか。

郡山氏: 全マイルストーンの入力件数と入力率、品確確認項目の入力件数と拠点長の入力率について拠点別の結果を数値化されたことで、それぞれの拠点の課題や今後どの拠点をベンチマークしていくべきかも見えてきました。鹿屋支店は入力件数、品確確認項目入力件数、拠点メンバー入力状況で現状トップとなっていてバランスがとても良いので、他の拠点はベンチマークにしてほしいですね。

また、発表の際に拠点長の顔写真を掲載したところ、リアクションもありましたね。拠点長への配信を行ったところ、「自分で入力するのではなく、他のメンバーに入れてもらうようにする」と言ってくれるようにもなりました。ANDPADに関する要望や問い合わせなども多くなり、「スマートフォンアプリからも横断マイルストーンの予定日と実績日の入力ができるようにしてほしい」という要望が上がってきた際には、アンドパッドさんに10月の段階で横断マイルストーンの機能改善としてリリースしていただきました。

中間報告の際に、ランキング1位の拠点長の顔写真を載せたことで、拠点ごとの「ANDPAD CUP」への士気が高まり、後半戦も積極的に取り組んでくれるようになったという。

今後の取り組みについて

――「ANDPAD CUP」は折返し地点ですが、皆様の意気込みを一言ずつ頂戴できますでしょうか。

郡山氏: ANDPADの利用自体にはだいぶ慣れてきたので、今後は工程表、検査などもしっかり活用していきたいです。現状の工程表の運用は、Excelやホワイトボードなど拠点ごとにばらつきがあり、工程表を入れた先に何があるのかというメリットを感じてもらえていない状態。工程表を入れることによって業者のバッティングが可視化できるメリットを実感している拠点は、ANDPADを積極的に活用しています。しかし、そこに課題感がなくうまくいっている拠点にとっては、ANDPADを活用するまでのドライブがかからずまだやり切れていないので、全ての拠点にANDPADのメリットを感じてもらい、運用の統一化を実現したいですね。

篠田氏: 本来は横断マイルストーンだけではなく、工程表と合わせて取り組んでいくことで業者への波及がより強まっていく部分もあるとは思います。今回の取り組みの中では、社員が全員使えるようになるということを目指しているので、スマートフォンでの使用率が現状90%まで上がってきているので、100%を達成したいです。

また、今までは着工までの情報はPCのネットワーク上に集約されていましたが、今後はANDPADで一元管理するところを目指したいですね。現状はフォルダに格納できていないケースもあるので、道のりは長いですが、根気強くサポートしていきたいと考えています。

工務部 施工技術開発・業務統括・積算課 施工技術開発・業務統括・積算チーム・篠田秀明氏

篠田氏: 社内でANDPADがかなり浸透してきていて、あともう少しで運用も軌道に乗っていくというところまで来ています。積極的に活用している人には「良いものを使えるようになった!」と思ってもらえていますが、今まで消極的だった人がしっかりボトムアップできているか全体感のチェックをしていきたいです。

横断マイルストーンの画面を表示し、予実入力状況を踏まえ着工が滞りなく進むか、拠点長へ確認を入れる西崎部長。これまでは拠点に集まって実施していた品確会議はZOOMでの開催となり、またクラウド型の横断マイルストーン機能を持つANDPADを画面共有しながらなので、リアルタイムに全員が同じ情報を見て編集を行いながら重要な会議体が進行することができるようになっている。

――最後に、本記事を読んで「ANDPAD CUP」に興味を持ったANDPADユーザーに向けて、開催に向けてのコツやポイント等コメントをお願いいたします。

西崎氏: 私自身も機械に疎い方ですが、ANDPADの良さや使い方を知れば、浸透していくのだと感じました。まだまだ当社も道半ばではありますが、まずはやってみることが大事。いかに興味を持ってもらうかが大切だと思います。

郡山氏: 最初、監督に「ANDPADを使って会話してください」とお願いした時は、「何を言ってるの?」と言われました。しかし、今ではかなり浸透しているという手応えがあります。写真の共有から始めるなど、まずは簡単なところからスタートさせていくのはいいかもしれないですね。

アンドパッドよりのコメント

アンドパッド 平賀: 今回、ANDPAD CUP中間レポートのインタビューでヤマサハウス様にお伺いした際に、実際の品確会議に参加させていただくことができました。現場知見の高いヤマサハウスの生き字引と言っても過言でない大ベテラン西崎部長が、大きく映し出された横断マイルストーンを大きな会議室で各拠点に確認しながら、着工が滞りなく進むかどうかを占う先行タスクの進捗をヒアリングする姿はさながら司令室かマエストロのようでした。

品確会議はZOOMで拠点長が参加する他、リアルでは西崎部長、時には社長が参加する会議体です。1時間の短い時間で高い品質で行われる裏には、縁の下で動かれていたアシスタントの事務スタッフの存在がありました。横断マイルストーンの画面を西崎部長の指示に従い、時には先回りして迅速に操作しながら画面に必要情報がすぐに出てくるように対応している姿は感服致しました。

一方で、おそらく横断マイルストーンをここまで触り、かつ短い時間でプレッシャーもかかりながら操作するのを拝見すると、横断マイルストーンのUIUXを改善できる余地を大きく感じました。事務スタッフの方から会議体で触る中で気になる点やご要望なども預かりましたので、今後の体験改善の宿題も持ち帰らせていただきました。

平賀豊麻

株式会社アンドパッド 社長室 コミュニティマネージャー 兼ANDPAD ONE Director

2018年5月に株式会社アンドパッドに入社。

アンドパッドのインサイドセールスの一人目として、インサイドセールス組織の立ち上げを行う。

2019年12月より社長室コミュニティマネージャーに、2020年12月からはコミュニティメディア「ANDPAD ONE」のディレクターを兼任。

約26万人のANDPADユーザーのCXの向上を目的としたコミュニティ形成をミッションとする。ANDPAD CUP企画推進者。

アンドパッド 芳賀: 今回、「社員がANDPAD CUPに取り組むメリットは何なのか」を推進者の方々がとても重視されていたのが印象的でした。大目的としては【会議の質向上と着工枠平準化】がありましたが、その結果社員様に負荷がかかってしまっては意味がない。ANDPADを通して、社員の業務の効率化が実現=会社としてのゴールの実現という考え方は、実際に現場の皆様に取り組んでいただくうえでは非常に重要なものだと感じました。

ヤマサハウス様では結果的に、社員様が日付を入力する手間が削減され、拠点長の方の会議資料作成時間の削減など業務の効率化にも寄与できました。

さらにANDPAD CUP実施前と比較すると、社員様皆様のANDPAD利用度も大きく伸びました。業務の中での介在価値が大きくなったことで、できることはさらに広がったと思います。

ヤマサハウス様ではANDPAD利用において全国2位で受賞された原口様が、既に業務の中でANDPADをうまく活用頂いています。そういった取り組みを他の社員様にも展開していく形で、今後は、また次のステップを見据えて、その他の業務も改善に向けたご支援ができればと思います。

芳賀彩乃

株式会社アンドパッド カスタマーサクセス部 カスタマーサクセスグループ リーダー
大学卒業後、分譲住宅会社の注文住宅部門にて住宅営業を経験。
2020年3月にANDPADに入社し、今までに100社以上の企業様の導入・運用支援を担当。

 

最後に、「ANDPAD AWARD 2021 新築総合賞 社内ユーザー賞部門 全国2位」を受賞された、同社 原口様のコメントをご紹介します。

ANDPAD AWARD 2021 新築総合賞 社内ユーザー賞部門 全国2位 ヤマサハウス株式会社 原口 健作様の受賞コメント

「住宅現場代理人として月平均8棟、年間18棟ほどを管理しています。

普段ANDPADは工程管理、工事写真管理、案件の業者さんとのチャットなど現場に関わる情報のやり取りで利用しています。

各工事の完了を私の方でその工程の前後関係の業者さんに共有するために工程への完了報告を実施しています。従来電話で後工程の業者さんに前の工程の工事が完了したことを連絡していましたが、ANDPADによってそれがなくなりました。

実際、社内では一番利用している方だと思いますが、まだまだと感じています。本来は業者さんが完了報告を上げて、工程表がリアルタイムに更新されて自走的なコミュニケーションが行われるのが理想ですが、現時点はそこまでいっておらず、ある意味私が背中を見せる形で率先して使っています。業者さんによっては私の動きを見ていい影響をうけてくださって、完了報告を上げてくれるようになってきています。

会社、拠点全体でまだまだ利用の平準化には至っていないのが現状です。とはいえ、まずは先行管理をしていかないとANDPADを利用している意味がないので、案件に決まった資料を入れて、工程表を作成して、業者もきちんと振り分けて、業者さんがANDPADを見た時にきちんと情報が入っている状態を作るということは先行管理を作るためにも心がけています。」

ヤマサハウス株式会社

https://yamasahouse.co.jp/

〒892-0836

鹿児島県鹿児島市錦江町1-4

代表取締役:森 勇清

創業:1948年6月23日

取材・編集:平賀豊麻
編集・デザイン:原澤香織
ライター:金井さとこ
デザイン:佐藤茜
カスタマーサクセス:芳賀彩乃