〜後編〜急成長を遂げているリフォーム会社の現場DX / 率先垂範!職人を巻き込む徹底した推進者の取り組みに迫る

  • リフォーム
  • 水回りリフォーム
  • 外壁リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • リノベーション
  • 塗装工事
  • 外壁工事
  • 屋根工事
  • ANDPAD
  • 集客
  • 営業管理
  • 品質
  • EX
  • GX

山本雅俊氏
X Y Zホールディングス株式会社 代表取締役/株式会社やまもとくん 代表取締役/他4社を経営。音楽専門学校を卒業後、音楽活動中心の生活を送る。22歳でエクステリア資材・園芸資材などを日本全国に供給する物流・卸売企業に就職し、営業職として従事。翌年リフォーム会社へ転職し、営業実績では最年少ながら数々の記録を更新。2015年に独立し、株式会社やまもとくんを設立。現在に至る。

永島竜次氏
業務管理本部 本部長。子どもの頃からサッカー一筋で、大学時代はJリーガーを目指すが、怪我に悩まされ断念。大学卒業後に飲食店立ち上げメンバーとしてジョインし、店舗運営のノウハウを学ぶ。2015年に山本氏らと共に、創業メンバーとして同社に入社。業界未経験ながら営業、支店長を経験し、現在は現場サポート部門のトップとして活躍中。

池上利也氏
業務管理本部 施工管理課課長/営業サポート課 課長。大学卒業後、大手家具会社に入社し、施設の内装工事の法人営業を経験。その後、転職して国家資格取得講座の営業・拠点責任者や、進学塾の生徒募集の営業を経て、リフォームの専門店に転職。店舗責任者として活躍したが、会社の経営が悪化する中で山本社長と出会い、当時の従業員も含め株式会社やまもとくんが買収。現在は業務管理本部にて営業のアシスト、内装の請負、顧客対応、新規下請け業者開拓などに携わる。



2015年に創業し、埼玉県川越市を中心とした幅広いエリアでリフォーム事業を展開している株式会社やまもとくん。創業以来、破竹の勢いで急成長を遂げ、近年業界内でも大注目の企業だ。2020年にはホールディングス化して多角的な経営体制を築き上げ、「揺り籠から墓場まで」サポートする生活総合産業を目指し、暮らしに欠かせないサービスを展開している。今回は、代表取締役・山本雅俊氏、創業メンバーである永島竜次氏、営業サポート業務を担当する池上利也氏にインタビューを実施。後編では、急成長を遂げる中、推進者の率先垂範のアクションによってどのように取引業者や職人を巻き込むことができたのか。そしてANDPADの活用によってどのようにサポート体制を構築して業務改善を実現したのか、今後の展望について伺った。

ANDPADでスピード感あるサポート体制を構築

創業以来、急成長を続ける同社は、事業規模の拡大に伴い業務効率化を図るため、2018年にANDPADを導入。さらに現場管理を遠隔化に向けて、2019年からチャットを強化した。
営業サポート業務を行い、ANDPAD窓口として職人とのチャット対応を担当するのが池上氏だ。常時35〜36物件が動いている中で、職人から上がってくる報告関連に全て対応している。1名の担当者が確認することで業務が統一化され、スピーディーにルールを徹底。また、営業の業務サポートとしての意味合いだけでなく、本社が現場管理しているという意思表示にもなり、現場にもスムーズに運用が浸透した。
ANDPADチャットを通じた職人とのコミュニケーションにおいて、どのような点に注力したのか池上氏に伺った。

池上氏: 2020年から「ありがとうございます。」の言葉は意識して配信するようにしています。この言葉は社内スローガンでもありますが、職人さんとのコミュニケーションの場はANDPADのみでほぼ現場にてお会いする機会はありません。日々いただく着工時や完了時の挨拶もチャットでしかチャンスがないのが現状です。現場の職人さんとのお会いしてのコミュニケーションは現場担当する営業がしっかりとお客様との間に立って指示していますので、施工管理側として出来ることは感謝の意を伝えることだと思っています。

当然、注意や指導をチャットで伝えることもありますので、職人側では現場に顔を出しもせず、状況もわかっていないで注意ばかりとなってしまっては、せっかく定着した報告業務も頓挫してしまうので、2020年から終了時には感謝の意を表す「ありがとうございます。ありがとうございました。」で締めるようにしています。
業務内容を打ち忘れて写真だけ送信してくる方もいますが、内容を確認してこの言葉を添えて返信すると、ちゃんと次からは忘れず報告をいただけます。チャットでメッセージを送信する件数が多いため、一件一件の内容は手短に送信する必要があります。その点でも「ありがとう」はとても素敵な言葉で、社内スローガンに感謝しています。

池上利也氏 株式会社やまもとくん 業務管理本部 施工管理課課長/営業サポート課 課長

同社の許可を得て実際にデータを確認してみたところ、半年間で約1万回もの「ありがとうございます。」が発信されており、単純計算でも20営業日×6ヶ月、1日当たり83件もの「ありがとうございます。」を発信していることになる。これを池上氏一人で複数業務に携わりながら実践し続けているから驚きだ。

永島氏: 誰でも最初は勢いでできますが、池上は徹底して継続しているところが素晴らしい。その対応を見た職人が変わっていく姿を日々実感しています。「池上さんがここまでやってくれているんだから、自分たちもちゃんとやらなきゃ」という意識がチャットを通して見えてきますね。

池上氏: 毎日報告を上げていない協力業者をピックアップして、直接連絡もしています。こうした積み重ねから、運用が浸透してきていると実感しています。

ANDPADでスピード感あるサポート体制を構築

こうして、池上氏の実直な対応によってANDPADによる運用が徹底された。さらに、営業サポート担当にANDPADをはじめとするデジタル業務を集約し、図面や地図チラシ作成などのアナログな業務は営業が担当するなど、「やらないこと」を決めてそれぞれ業務の切り分けを行い、業務効率化を図った。
その結果、残業時間ゼロを達成し、従来は各店舗に1名ずついた営業サポート担当は、コロナ禍も追い風となり2〜3店舗を兼務できるように。営業サポート課として本社勤務となったことで、ナレッジの共有や同業種同士のコミュニケーションも活発になった。業務内容が明確になることでスキルアップにも繋がり、それに伴い業務に責任感が生まれ、仕事にやりがいをもてるようにもなっているという。また、以前はロードサイドの立地に店舗を構えていたが、オンラインでの対応も増えたことで八王子を皮切りにビルに店舗を構える方向にシフトした。

ANDPAD活用によってさまざまな業務改善を実現

ANDPADを活用したことによって、営業と営業サポートの業務が効率化しパフォーマンス向上を実現した同社だが、そのほかに施工品質の安定、社外パートナーである職人の稼働確保、営業のスキルも平準化など、さまざまな業務が改善された。
一方で、営業サポート課の業務がよりシャープになっていったことで、別の問題も生じた給与形態や休日日数など現場業務の社員の働き方と、内勤業務の社員の働き方の差が生じてしまい、同じ人事制度の中で職種の違いによる平等性を担保することが難しくなったのだ。そこで、こうした職種による勤務形態や待遇の差によって不公平感を感じないよう、社員職人の所属会社を新たに設立した。今後は、人員を強化し、グループ内の案件だけでなく他社の施工も手掛けていきたい考えだ。

永島氏: 繁忙期における施工品質の安定については、ひとつの面だけでなく、ANDPADを使用してあらゆる側面からのチェック体制を構築することができて、安定感を高められていますね。一つの現場に複数の職人が入るので、塗装の工程を見ながら次の工程の職人が「そろそろかな?」と見て考えて動けるように。工程が見える化できてスムーズに進められるようになりました。

また、社外パートナーである職人の方々の稼働確保にも非常に役立っています。社外パートナー様に対しては、「仕事を切らさない」というのが我々のミッションです。実際、高水準のパートナー様に対しては仕事を切らしたことはありません。ANDPADを活用するようになってから、より正確でタイムリーな稼働管理ができるようになりました。

それから、少しずつではありますが、営業のスキルも平準化してきていると感じています。まず、個人個人にコーチをつけたり、課題を明確にしたりと、営業系幹部の育成を徹底しました。まだまだ模索フェーズですが、マネジメントをする人材が成長することが営業スキルの平準化につながると考えています。

あとは、あらゆるフェーズごとでの仕組み化していきたい。リフォーム業界は属人的要素を拭いきれないので、「仕組み」で回すことが非常に大切だと思います。今後は、工程表もANDPADで管理したいですね。現状は現場に置いてあるホワイトボードに記入した工程表の写真を随時更新して共有しています。外装工事が中心なので、天候の状況で常に変わって予定通り進まなことも多いことから、現場の職人に工程表を記入してもらっています。工程表はお客様への共有も兼ねておりますので、職人にも責任を持って正確な情報を書いてもらえています。

山本氏: どちらかと言うとアナログだったリフォーム業界に、ANDPADがもたらした技術革新は非常にインパクトのあるもの。更にUIやUXも非常に優秀で感心しています。現場の人が直感的にスマホで操作できるということは最重要であると言っても過言ではないと思っておりますので、ANDPADがNo.1アプリになっているのも納得です。
次に期待したいのは、やはり「施工管理の遠隔化」ですね。もう仕組み自体は出来上がっているのかもしれませんが、世の中を顕微鏡で覗くとまだまだだと思います。だからこそ、御社で“施工管理”の価値観を変えてほしい。それにはものすごく期待させてもらっています。

同業者すら「そこまでやる?」のと驚く、外壁塗装の施工品質管理

同社の強みの一つとして施工品質の高さが挙げられるが、施工品質を高いレベルで一定に保つために取り組んだのが、完工確認の業務フローの構築だ。外部職人から現場完了の連絡が担当営業に入ると、担当営業から施工管理課に完工確認依頼を出し、担当案件と関係のない施工管理の社員が完工確認を実施するという流れになっている。この業務フローを構築したことによって、完工前の完工検査のクオリティを担保している。
完工確認の業務フローの構築で中核を担った永島氏は、検査課を立ち上げて1日5案件の検査を実施し続けて検査基準を精査し、現場の職人とのコミュニケーションも踏まえながら約1年ほどで施工品質チェックシートを作り上げた。

永島氏: ハウスメーカー勤務のお客様の工事を手掛けた際に、あまりに当社の品質管理のレベルの高さに驚かれ、そこから多数の紹介に繋がったこともあります。
次のステップとしては、社内の施工管理課の完工検査業務をANDPAD検査でよりデジタル活用を進めていきたいですね。

今後の展望について

グループ経営に舵を切り、デジタルを活用しながら急成長を続ける同社。最後に、今後の展望について、山本氏に伺った。

山本氏: アナログ産業の代表格である建設業界において、建設DX・建設テックは凄く注目しています。特に今興味のある分野は、工事のリモート化「リモートコントラクション」です。
でも、モノづくり・リフォームそのものをロボットで完全に自動化するのは嫌なんですよ。魂がないというか、職人のこだわりや想いや技術は大切だし、素敵だし、感動や喜びを生むものだと思っているので。個人的には誇れる職人に誇れる仕事をしてもらいたい。

どちらかというと、施工管理という仕事に違和感があります。特に、1日中現場に張り付いていないとならないというケースも散見している。もちろん安全管理の側面もあるのですが、折角の有資格者で能力の高い人が勿体ないなと思うこともあります。だからこそ、施工管理の遠隔化というのは実現させていきたい。むしろ近い将来そうなるべきだと思います。
それで今よりもっと多くの現場が管理出来て、施工管理者の価値が今以上に上がる。そうなればもっともっと“夢のある仕事”になるはずです。

事業規模の拡大に伴い、組織体制や社外におけるコミュニケーションなどに歪みが生じるケースもある中で、デジタルを活用してさまざまな業務改善に取り組み、より一層成長を加速させている同社。今後も、施工管理の遠隔化などデジタル化に注力しながら、生活総合産業として地域の方々をサポートしていくことだろう。まだまだ同社の“破竹の勢い”は止まらない。

編集後記

インタビュー取材を終え、山本さんや永島さん、池上さんと談話する中で、「2021年12月6日に開催する安全大会の中でアンドパッドとしてなにか話してくれないか」というとても光栄なオファーをいただき、二つ返事で先日参加させていただきました。

安全大会では山本さんから参加される取引業者様にむけて、経営方針の発表とあわせて日頃の感謝と業者様への想いを真摯に伝えている姿がとても印象的でした。その安全大会におきまして、弊社は事前に永島さんから頂いた以下のオーダーを盛り込んだメッセージを発表させていただきました。

今後、ANDPADと職人さんも密接になっていく中で、ANDPADを有効活用することによりどのようなメリットがあり、どのような世界になっていくのか、またそのためには職人さん方にもどのような意識を持っていただくのか、そのようなメッセージを発信していただけると幸に思います。

文末になりますが、株式会社やまもとくんのご厚意もあり、当日の資料を一部掲載します。

わたしたちアンドパッドは、導入いただいた会社様の意思や、想いを尊重し、テクノロジーと人の力で応援してまいります。安全大会や業者会でデジタル活用の意義や、想いをどのようにお取引業者様や職人様に伝えていったら良いか、お悩みの推進者様や経営者様がいらっしゃいましたら、弊社までぜひご相談ください。

株式会社やまもとくん
https://corporate.yamamoto-kun.co.jp
〒350-0043
埼玉県川越市新富町1-3-5 ActreeKAWAGOE 7F
代表取締役:山本 雅俊
設立:2015年

取材・編集:平賀豊麻
ライター:金井さとこ
デザイン:佐藤茜