3Dプリント住宅の最前線とこれから〜300万円で購入できる、これからの家づくりとは〜

建築 / 建設 × テクノロジーで、「幸せを築く人を、幸せに。」するアンドパッドがお届けする、
“ANDPAD ONE CONFERENCE”
「データ経営、そして産業のデジタル化に向かう住宅業界」というテーマで3日間にわたり、ハウジング領域のリーディングプレーヤーをお招きし業界のリアルな最前線の視点と思考、展望をお伝えいたしました。
ANDPAD ONEでは2021年11月24日、25日、26日で大盛況のうちに幕を閉じた“ANDPAD ONE CONFERENCE for Housing”の模様をANDPADユーザー限定でARCHIVE版としてお届けいたします。
明日から活かせる、現場の業務変革・経営変革のヒントとしてお役立てください!

本動画では、“ANDPAD ONE CONFERENCE for Housing”セッションより、世界最先端の家「Sphere(24時間で家を創る)」の開発を進めるセレンディクス株式会社 COO 飯田国大氏をスピーカーにお迎えし、株式会社アンドパッド ANDPAD ZERO 菊野格とともに、ANDPADが届ける新築住宅領域のこれからについてお届けいたします。


  • 世界最先端の家(3Dプリンタ住宅)

  • 世界最先端の街インダストリーキャピタル(特定産業首都)とは

  • 世界最先端の家コンソーシアム