改正・木材利用促進法でどうなる木造建築市場〜住宅会社のビジネスチャンスにつながるのか〜

  • CONFERENCE2021

建築 / 建設 × テクノロジーで、「幸せを築く人を、幸せに。」するアンドパッドがお届けする、
“ANDPAD ONE CONFERENCE”
「データ経営、そして産業のデジタル化に向かう住宅業界」というテーマで3日間にわたり、ハウジング領域のリーディングプレーヤーをお招きし業界のリアルな最前線の視点と思考、展望をお伝えいたしました。
ANDPAD ONEでは2021年11月24日、25日、26日で大盛況のうちに幕を閉じた“ANDPAD ONE CONFERENCE for Housing”の模様をANDPADユーザー限定でARCHIVE版としてお届けいたします。
明日から活かせる、現場の業務変革・経営変革のヒントとしてお役立てください!

本動画では、“ANDPAD ONE CONFERENCE for Housing”セッションより、農林水産省 林野庁 林政部 木材利用課 建築物木材利用促進官 小木曽 純子氏をスピーカーにお迎えし、株式会社 創樹社 代表取締役社長 中山紀文氏をモデレーターとして、株式会社アンドパッド 平賀豊麻とともに、改正・木材利用促進法で変わる木造建築市場についてお届けいたします。


  • 木材利用の意義

  • これまでの木材利用の取組(地域での木造公共建築物事例)

  • 脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における木材の利用の促進に関する法律について

  • これからのウッド・チェンジ