設備BIMの最前線とこれから〜製造、施工で真価を発揮する設備BIMの可能性〜

  • 設計
  • BIM

建築 / 建設 × テクノロジーで、「幸せを築く人を、幸せに。」するアンドパッドがお届けする、

“ANDPAD ONE CONFERENCE”

「設計・製造・施工DX、最前線の視座。」というテーマで2日間にわたり、ビルディング領域のリーディングプレーヤーをお招きし業界のリアルな最前線の視点と思考、展望をお伝えいたしました。

ANDPAD ONEでは2021年11月9日、10日で大盛況のうちに幕を閉じた“ANDPAD ONE CONFERENCE for Building”の模様をANDPADユーザー限定でARCHIVE版としてお届けいたします。

明日から活かせる、現場の業務変革・経営変革のヒントとしてお役立てください!

本動画では、“ANDPAD ONE CONFERENCE for Building”セッションより、2008年に設備CADレブロを開発した建築設備CADベンダー株式会社NYKシステムズ 取締役 開発部 部長 小倉哲哉 氏をスピーカーにお迎えし、株式会社アンドパッド ANDPAD ZERO 今井亮介とともに、設備BIMの最前線とこれからについてお届けいたします。


  • 設備CAD レブロとは

  • レブロでできること

  • 少し先のこれからについて