社員と取引先から選ばれるために。足場工事業者が取り組む業務改善 / 〜後編〜ANDPADボードが実現する現場DXに迫る

  • 足場工事
  • ANDPADボード
  • EX
  • 多様な働き方
  • 外国人技能実習生
  • 従業員体験

深川 完氏
株式会社セオテクノ東京西 代表取締役
22歳の時に株式会社セオテクノに入社。椎間板ヘルニアを患い現場作業ができなくなり退社。プラント施工事業を担う建設会社に入社し、原子力発電などの仮設工事に携わる。30歳の時にセオテクノに再就職し、営業として活躍。32歳の時にセオテクノ初のFCとして株式会社セオテクノ東京西が設立され、代表取締役となる。



1998年に創業し、首都圏近郊の戸建て住宅専門の「足場屋」として、安全を第一に、作業環境に配慮しつつ、素早く効果的な施工を可能にする、確かな技術を提供し続けている株式会社セオテクノ。「拠点を増やして、首都圏を環状に結ぶ“国道16号を網羅する”」という目標を掲げ、2010年に東京都・西多摩エリアでFC第一号として設立されたのが株式会社セオテクノ東京西だ。同社は、従来アナログだった案件管理の効率化を図るために、2021年11月ANDPADボードを導入した。そこで今回は、同社の代表取締役 深川 完さんに業務改善のための現場DXの取り組みについて伺った。後編では、ANDPAD運用を浸透させるまでの取組みや運用面の工夫、導入後の業務変化、今後の課題と展望について紹介する。

ANDPAD浸透までの取組みと運用面の工夫について

2021年11月からANDPADボードでの運用を開始した同社だが、運用の切り替えにあたって、社内外からの反発もあったという。

深川さん: 職人の方から「ホワイトボードでも十分業務はできているのに、何故変えるのか?」と言われたり、「日本語が読めないベトナム人の技能実習生には使い方が分からないのでは?」というような声が上がったりと、なかなかスムーズにはいかなかったですね。

ANDPADボード導入に向けた推進者として立ってくれていた事務スタッフが「ANDPADを導入して、各自が自分のスマートフォンで翌日の予定が確認できたほうが、今よりも使いやすくなるはずだ」と説得してくれました。私からもANDPADを導入する意義を伝えて、使ってみようという前向きな雰囲気になりました。

株式会社セオテクノ東京西 代表取締役 深川 完氏

運用面については、写真や報告に関しては特にルールを設けてはいないが、事務スタッフが資料や図面をデータ化してANDPADにアップし、営業が現調の際に撮影した写真を入れる運用になっている。併せて近隣挨拶が必要な場合など元請企業からの注意事項も記入しておき、現場に入る職人がANDPADボードで現場情報をタイムリーに確認できるようにした。部材数や写真など現場に関わる情報は営業、職人、ベトナム人の技能実習生全員が適宜アップすることで、データの共有が習慣化した。

ANDPADボードの運用における業務変化について

こうしてANDPADボード上で職人のスケジューリングを行うようになった同社は、なんと翌月には従来運用していたホワイトボードを使用しなくなったという。運用スタート時は事務スタッフが住所のコピー元を間違って入力してしまうなど軽微なミスは発生していたものの、作業に慣れてからは抜け漏れや記入ミスが大幅に削減され、ANDPADで一元管理ができるようになった。以前は資料や図面を印刷して職人に手渡ししていたが、その手間も無くなった。デジタル化したことで過去の履歴も遡れるようになり、過去に類似案件を担当した職人などが分かるので、案件の割り振り方にも役立っている。

また、営業面では、先々のスケジュールの見通しが立っていないことで取り逃がしていた受注も獲得できるように。特に事務所にいないことが多い深川さんにとっては、スピード感をもった対応によって受注に繋げられるようになった。ANDPADボードを活用することで、営業活動がシャープかつリアルタイムに行えるようになり、営業力の強化につながった。

深川さん: 以前は、ホワイトボードの物理的な制限で半月〜1ヶ月先のスケジュールしか分からず、メンバーは長期的な視点で動けていませんでした。今ではANDPADボードを見て少し予定が空いているところがあればそこに案件を入れようと奮起するようになり、大きな案件などを見ながら2〜3ヶ月先を見据えた動きができるようになりました。会社全体が一つにまとまっているなと感じています。

深川さん: 一番良かったのは、ベトナム人の技能実習生が「ANDPADは使いやすい」と言ってくれたことですね。彼らは日本語が分からないので、車や電車で現場に行く際に目的地の住所をカーナビや地図アプリに入力するのが難しかったり、カーナビの音声説明が理解できないため現場にたどり着けないということもありました。ANDPADならピンで指定した住所情報をもとに、Googleマップで現場まで案内してもらえるのでカーナビの利用にハードルのある技能実習生にとってはとても便利ですね。急遽現場応援に駆り出されることもあるのですが、今はANDPADを見て先々の予定がリアルタイムでわかるので、精神的にも余裕が持てるようになっていると思います。それから、当たり前の意識ではありますが、弊社ではベトナム人の技能実習生についても一人ひとりANDPADのIDを付与し、ANDPADボードに登録しています。ANDPADボードで自分の担当する案件が分かりやすくなっただけでなく、自分の名前が「作業担当」としてANDPADボードに入っていることがモチベーションにも繋がっています。ベトナム人の技能実習生に「君がいなきゃできないんだよ」と言うと笑ってくれるんですよ。ぜひ、他の足場屋さんにもやってみてほしいですね。外国人技能実習生はきっと喜ぶと思います。

このように、ANDPADボードを活用することで、営業、事務スタッフ、職人それぞれの業務効率化が実現した。そしてそれにとどまらず、外国人技能実習生が本人性が尊重されない労働力としてではなく、それぞれの実名で案件を担当することで、個人として尊重されたなかで働けるという環境づくりにも寄与している。

今後の課題と展望について

ANDPADボードによる案件管理を行なったことで業務効率化を図り、先々を見据えた営業活動にも繋げられるようになった同社は、今後よりデジタルを活用して情報共有や連携を強めていきたい考えだ。

深川さん: 案件受注後の連絡先が事務スタッフや職長などケースバイケースで、いろんな人が案件作成をしているのが現状です。そのため案件作成漏れや資料不足、変更漏れなどが発生することもあり、まだまだ各セクションとの連携・共有ができていない部分があるのは課題ですね。今後、うまく連携できるように運用を改善していきたいです。

また、今後さらなる成長を見据えて、ベトナムだけでなくインドネシアなどさまざまな国からの技能実習生を受け入れ、人材の確保にも注力していく。現在、外国人技能実習生の受け入れ支援のための学校設立の準備も進めているところだ。

深川さん: 優秀な技能実習生のネットワークを大事にして、同郷の人からの紹介や、彼らのSNS発信などから採用を広げています。また、ベトナムに別会社をつくって海外研修をしていくという構想もあり、受け入れのチャネルを増やしていけたら。

あと、個人的には父親のような存在である高橋社長への恩返しとして、海外旅行に連れていきたいですね。今までは仕事で一緒に海外に行くことはありましたが、休暇としてゆっくり過ごせる旅をプレゼントしたいです。

ANDPADボードによる案件管理を行なったことで業務効率化を図り、先々を見据えた営業活動にも繋げられるようになった同社。また、業務改善だけでなく、外国人技能実習生をはじめとする職人のEX(従業員体験)が向上し、労働環境改善にも繋がっている。今後よりデジタルを活用して各セクションとの情報共有や連携を強めることで、「首都圏を環状に結ぶ“国道16号を網羅する”」セオテクノの一翼を担うために、業界内でさらなる影響力を発揮していくはずだ。

日々の差配のためにフル稼働していたホワイトボード。ANDPADボードの運用開始後にご訪問してみたら、見事に置き換わって真っ白になった事務所の壁を見たことが、今回の取材の小さなきっかけでした。これはビジュアルとしては分かりやすいものですが、この成功の根幹には、働く方同士の信頼に基づいてご尽力いただいた故だと考えています。

今回の取材でお伺いした深川様の思いは、ご導入をパワフルに進めていただいた推進者の方に感じた印象と同様のものでした。運用にあたって、マニュアルを改訂いただいたり、職人さんが紙で出力しやすいように各々のスマートフォン‐プリンターの設定をされたりと、細やかな配慮が印象的でした。

運用当初から、ベトナム人技能実習生の方も全員をユーザーとしてご登録され、ごく自然に社内全員で情報を共有されていたのも記憶に残っています。

国籍の如何を問わず、メンバーの皆様がフラットに働きやすい環境の整備に寄与できていたらとても嬉しく思います。

株式会社セオテクノ東京西
http://www.seotecno.co.jp
〒190-1201
東京都西多摩郡瑞穂町二本木445-1
代表取締役:深川 完
設立:1998年

取材・編集:平賀豊麻
編集・デザイン:原澤香織
ライター:金井さとこ
デザイン:森山人美、安里和幸
カスタマーサクセス:池﨑 愼之介